今年の確定申告シーズンの手間とストレスを軽減

税務関係の書類は郵送で届くものもあれば、電子的な手段で届くものもあります。そして、未整理の領収書や申告用紙はどこへ行ったかわからなくなりがちです。1 年分のファイルがあちこちに散らばっていたら、確定申告をつい先延ばしにしてしまうのも無理はありません。申告に必要なすべての書類をスキャンして Dropbox に保存すれば、手間もストレスも軽減されます。

フォロソフォビア = 確定申告への恐怖

 

膨大な申告書類を前にして呆然としたり、申告を済ませるために必要な書類を延々と探し続けることに疲労感を覚えたり、といった症状が出ていませんか?4 月が近づくにつれ、恐れていたことが現実となります。しかし、記録をしっかり管理することで、今だけでなく将来的にも多くのストレスを軽減できます。Dropbox を活用すれば、重要な情報を簡単に整理し、必要なときに取り出せるようになります。

 

以降では、確定申告シーズンの手間とストレスを軽減する 3 つのヒントをご紹介します。

今年は自分のための時間を増やしてストレスを軽減しましょう。確定申告シーズンに備えるためのヒントをぜひご覧ください。

1. ペーパーレス化を進める

領収書をすべて適当な箱に放り込んでいませんか?それよりもっと効率のいい整理方法があります。無料で使える Dropbox のドキュメント スキャナーで、領収書や申告書類の保存がスナップ写真を撮るのと同じくらい簡単になります。Dropbox モバイル アプリで[(+)作成]をタップして、紙のドキュメントを高品質の PDF や PNG に変換するだけです。後は、Dropbox に作成した申告用フォルダにすべての記録をまとめて保存し、分類しておきましょう。そうすれば、医療費の明細、源泉徴収票、所得申告書が必要なときにすぐに見つかります。

 

2. 申告が手早く簡単にできるよう準備する

ようやく書類を完成させたものの、前年度の調整後総所得がわからずに申告できない、ということはよくあります。イライラするうえに、時間的にも精神的にも余計な負担となるのは確実です。Dropbox を使うと、1 つの申告用フォルダに各年度の領収書や申告書類をまとめて保管できます。すべてのものが整理され、簡単に見つけられます。さらに、前年度の納税申告書など、申告に必要な書類がどこにあるのかもすぐにわかります。

税務処理を税理士に依頼する場合、機密性の高い財務関連のファイルをメールに添付して送るのはおすすめできません。それよりも、数回のクリック操作で申告用のフォルダ全体を共有するほうが安全で簡単です。フォルダの読み取り専用権限など、特定のアクセス許可を設定すれば、さらに安心です。Dropbox の Pro プランでは、リンクに有効期限を設定したり、共有ファイルやフォルダをパスワードで保護したりできます。

 

3. 財務情報を保護する

Dropbox は、何層にも重なるセキュリティ対策で機密性の高いファイルを保護しています。それとは別に、個人情報を保護する以下のような対策を講じることも重要です。

  • Dropbox アカウントに推測されにくいパスワードを設定し、多要素認証を有効にする
  • ノート パソコンやモバイル デバイスをログイン パスワードや PIN でロックする
  • ディスク全体の暗号化で、デバイスの紛失または盗難時のデータ漏洩を防止する
  • 会計士や税理士に、アカウントやデバイスにどのような保護対策をしているか尋ねてみる

 

これらのヒントを取り入れることで、1 年の中でも特に達成感を得られる瞬間、つまり To-do リストの「確定申告」に完了マークを付ける瞬間を無事に迎えられるはずです。