ワークフローの自動化で実現する、アプリとコンテンツの連携

Dropbox と連携しているさまざまなワークフローアプリを閲覧しているユーザー

Dropbox は、アプリとコンテンツの連携を実現するために、最高レベルのワークフロー インテグレーションを通じてパートナー エコシステムを拡大しています。Dropbox を Zapier、Nintex、Workato、Tray.io、K2、Cloudpipes などの主要なワークフロー ツールにリンクすると、個人でもチームでも、業務が常にスムーズに流れます。

人と情報がつながった仕事環境が広がっているにもかかわらず、アプリとコンテンツを連携させるには意外なほど手間がかかります。McKinsey Global Institute の調査によると、働いている人は平均で、週の半分以上の時間(61 %)をコンテンツの検索、アプリの切り替え、バージョン履歴の確認、大量のメールのチェックに費やしているそうです。コンテンツが見つかれば見つかったで、ファイル形式を変換し、レビューや承認、公開のために送信するのに、さらに時間がかかります。

要は、アプリとコンテンツが連携できないと時間が無駄になり、生産性が低下するということです。では、両者を連携させて仕事が滞らないようにするには、どうすればよいでしょう?

1 つのフローに統合する

Dropbox の新しいインテグレーションは、Dropbox のコンテンツを使うワークフローを効率化、自動化して、複数のアプリを使う作業に付きものの手動操作を不要にします。

Dropbox で 1 つ以上のワークフロー アプリを活用して仕事の進め方を継続的に改善しているユーザーは、1 四半期で数百万人に上ります。ワークフロー アプリは Dropbox の API に直接接続できるので、ユーザーはコマンドを使ってすばやくデータを更新、追加、共有、移動できます。

インテグレーションに対応しているのは最高クラスのツールばかりなので、ニーズに最適なツールで仕事を効率化し、生産性を高められます。ツールの種類と特徴については、以下をご覧ください。

  • Zapier は、Dropbox を数多くのアプリと連携させて業務を自動化する、使い勝手に優れたアプリ コネクターです。たとえば、営業チーム向けのカスタム ワークフローを構築すれば、チームは Copper、Salesforce、HubSpot など複数のアプリにわたって案件を管理し、Dropbox の共有フォルダを使って契約ワークフローを開始することができます。Zapier 社のパートナーシップ責任者であるコディ・ジョーンズ氏は、次のように述べています。「お客様のチームは Zapier で、日常的に使っているツールを組み込んだワークフローを短時間で構築しています。Dropbox とのパートナーシップを通じてこのプロセスを強化し、お客様の仕事を効率化するお手伝いができると思うと、楽しみでなりません。」
  • Nintex は、ドラッグ & ドロップで作成できるブラウザベースの直感的なワークフロー デザイナーで、Dropbox が関わるビジネス プロセスを自動化します。エンタープライズ向けに特化しているため、Salesforce のような多くのレガシー アプリケーションとの相性も抜群です。Nintex 社のチーフ エバンジェリストであるライアン・デュギド氏は、次のように語っています。「営業担当者や法務部門の専門家は、Dropbox と Nintex Drawloop DocAutomation を組み合わせるメリットを導入後すぐに実感しています。重要なドキュメントを使った共同作業を手早く始められるようになり、販売サイクルの短縮、コンプライアンスの改善、赤入れの簡略化などの成果を短期間で達成しています。」
  • Workato は、エンタープライズ向けの自動化機能を幅広く提供するツールです。コードを使わずに細かくカスタマイズすることが可能で、エンドツーエンドの自動化を実現します。社員の採用やオンボーディングなど、ビジネスに不可欠なプロセスを自動化できるので、たとえば Greenhouse で新しい社員を採用した後、Dropbox フォルダを作成して署名済みの契約書をフォルダに保存し、新しい Workday レコードを作成して新規採用者の Dropbox フォルダにリンクするという一連のプロセスを自動化できます。同社のビジネス開発担当 VP であるマーカス・ジン氏は、次のように述べています。「Workato は、ビジネス ユーザーがシステムや IT を味方に付けられるよう、強力にサポートするプラットフォームです。Workato を利用すれば、セキュリティやガバナンスを損なうことなく迅速にシステムを導入できます。Dropbox と連携させれば、社員のオンボーディング、DevOps、ECM などのプロセスを自動化し、社員や顧客の満足度を大いに高められます。」
  • Tray.io は、エンタープライズ向けの柔軟な総合自動化プラットフォームです。クリックやコードでテクノロジー スタックを丸ごと統合できます。マーケティング チームや営業チームは、Dropbox で簡単に共同作業して、RFP プロセスの自動化、アンケート データの収集と配信、Salesforce や Slack、Qualtrics などのアプリを使った全社への最新情報の伝達などを実施できます。「グローバルなコラボレーション プラットフォームの代表である Dropbox との提携を、心から歓迎します。当社は Dropbox とともに、誰もが自動化ツールで業務の生産性を高められるよう全力でサポートします」と、Tray.io 社の共同創業者で最高業務責任者のドミニク・ルイス氏は語っています。「Tray プラットフォームは、あらゆるビジネスのテクノロジー スタックを統合し、強力なワークフローで複雑なプロセスを自動化します。世界中の Dropbox ユーザーの生産性を最大限に高め、ビジネスでさらに目覚ましい成果をあげるお手伝いができることを楽しみにしています。」
  • K2 は、Dropbox を他の基幹業務システムに統合する複雑なワークフローの構築を簡素化して、エンドツーエンドの自動化を実現します。たとえば、コンテンツの承認などいくつもの手順が必要なプロセスでも、共同作業の関係者間でコンテンツを回覧して承認を得てから公開されるように完全自動化できます。K2 社のグローバル テクノロジー アライアンス担当バイスプレジデント、イアール・インバー氏は次のように述べています。「K2 と Dropbox には同じ目標があります。情報がオンプレミスにあるかクラウドにあるかに関係なく、検索、関連付け、管理の方法を簡単にすることです。Dropbox との連携により、ワークフローの見直しや強力なプロセス アプリケーションの構築に取り組むお客様をお手伝いできます。」
  • Cloudpipes は、クラウドやオンプレミスに展開されている多数のアプリケーションを連携させ、クエリの自動化や、ビジネス データの処理と同期を可能にするエンタープライズ ワークフロー オートメーション サービスです。Cloudpipes は、Dropbox の機能を拡張し、情報の構造化と管理を実現します。たとえば、Dropbox と Jira などのプロジェクト管理システムとの間、または Dropbox と Microsoft Dynamics や Salesforce などの CRM との間でファイルを解析、処理、同期することができます。COO のマルコ・スタラーチェ氏は、「Cloudpipes は、ユーザーがデータを簡単に抽出、分析、同期できるようにする会社です」と述べています。「Dropbox との連携により、関連するプロジェクトや顧客の情報を特定の共有フォルダに自動でエクスポートし、共同作業やレポート作成に活用することができます。」

自動化がもたらす真のコラボレーション

Dropbox にリンクしたワークフロー アプリから発生する API コールの回数は、昨年だけで数十億回にも達しています。ワークフロー アプリが急速に普及していることを受け、Dropbox は、本当の意味で人と情報がつながる仕事環境を実現するため、最高クラスのツールとの連携を進めてワークフロー エコシステムを拡大し続けています。最高のツールとの連携を通じて Dropbox を最大限に活用しましょう。

HelloSign は、オンボーディングの事務手続きを効率化する HelloWorks というワークフロー ツールを提供しています。HelloSign の API を使用すると、HelloWorks をウェブサイトやアプリケーションに直接組み込み、完成したオンボーディング フォームを人手を介さずに Dropbox に同期できます。HelloWorks でオンボーディングの事務手続きを自動化する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

ワークフローに Dropbox を組み込む方法をご説明します。

Dropbox へのお問い合わせ