PDF に署名し、オンラインで電子署名を取得する

法的拘束力のある署名を取得するために、物理的な紙はもう必要ありません。Dropbox Sign の電子署名を使用して、自社とクライアントが契約書に署名する手続きを合理化しましょう。

タブレットを使ってドキュメントに署名をする人物

オンラインで署名する方法

電子署名とは、その名前から大方わかるように、手書きの署名をデジタル化したものです。デジタル ドキュメントに署名が必要な場合は、[入力と署名]という編集可能な署名フィールドがハイライト表示されます。「デジタル署名」と「電子署名」という言葉が同じ意味で使われているのを目にすることがあるかもしれませんが、実際には同じものではありません。PDF にデジタル処理で署名する方法としては、次の 2 つがあります。

電子署名

米国の E-Sign 法では、電子署名も、手書きの署名と同様に法的拘束力があると定められています。つまり、電子署名すれば、署名するドキュメントに記載されている条項に同意したことになります。電子署名とも呼ばれていますが、基本的には自分の署名を画像化してデジタル文書の上に配置したものです。ただし、物理的な署名ではないという理由だけで、電子署名を無効にすることはできません。

デジタル署名

デジタル署名は暗号化されており、改ざんの恐れを防ぐよう設計されています。ドキュメントにデジタル署名がある場合、アルゴリズムの機能により「ハッシュ」が生成されます。ドキュメントが署名された後に、何らかの変更や改ざんが行われた場合、プログラムがその旨を通知します。変更や改ざんが行われた場合、署名の正当性が疑われることになります。

電子署名やデジタル署名に法的拘束力はあるか

電子署名やデジタル署名には拘束力がありますが、これは州や国によって異なる場合があります。どちらのタイプの署名も、署名するドキュメントを法的拘束力のあるものとする機能です。

電子署名とデジタル署名のどちらが必要か

これはドキュメントによって異なります。デジタル署名は、署名者と相対することができないときに、公証人レベルのセキュリティを実現することを目的としているため、セキュリティ面においてより説得力があります。とは言え、個人と企業が直面するほとんどの状況では公証人が必要ないと思われるので、電子署名で十分でしょう。

電子署名が必要となる状況

世界中の多くの国では、電子署名を使用して契約書や同意書、請求書などの PDF やその他の電子ドキュメントに署名できますが、例外もあります。電子署名が特定のユースケースに適しているかどうかに関して、当該地域の法律を確認してください。また電子署名には、ドキュメントを順序正しくまとめることで、これまで以上に処理を合理化できるというメリットもあります。個々の請求書に手書きで署名することや保管場所を気にすることはもうありません。

署名の画像なしにオンラインで PDF に電子署名するには

署名を正確に写したデジタル画像ファイルがなくても安心してください。こうした画像ファイルは必要ありません。電子署名では、署名の手段としてテキストを追加することも、名前を「手書き」した署名を生成することもできます。iPad のタッチペンやパソコンのトラックパッドを使って、自分の手書きのサインを入れることもできますが、これらはオンライン署名を作成するために絶対に必要なものではありません。

免責事項:このサイトに記載されている情報は、一般的な情報提供のみを目的としており、法的助言を意図したものではありません。法的な質問については、法律顧問にご相談ください。

PDF への署名が可能なプログラムとは

Dropbox には、Microsoft Word、Adobe Acrobat、業界最高水準の電子署名ソフトウェアである Dropbox Sign など、電子署名を可能にするアプリ インテグレーションが揃っています。ご利用中のデバイスがこれらのツールのいずれかに対応していれば、署名できます。つまり、パソコンでも、Android や iOS のスマートフォンでも、どんなデバイスを使っていても契約書の署名入力や締結をスムーズに進めることができるのです。

Dropbox で PDF ドキュメントに署名するには

Dropbox Sign を利用すれば、Dropbox アカウントから簡単にファイルの電子署名依頼を送信できます。契約書のドラフトから最終版までを作成し、署名依頼を送信する作業をすべて Dropbox 内で完結できるのです。手元のパソコンに機密文書をダウンロードする必要がないので、誤って削除することも、安全でないフォルダに入れたままにしておくこともありません。自分が署名者である場合は、Dropbox 内から署名を追加することもできます。署名したい PDF や Word 文書を選択し、Dropbox Sign を選ぶだけです。

Dropbox Professional を使用すると、どこからでもドキュメントに電子署名できます。また、Dropbox から直接、回数無制限で電子署名ドキュメントの送信、署名、保管ができます。

ファイルはリモート アクセス可能な状態でオンライン上に安全に保管され、何重もの保護対策と厳格な暗号化が施されます。最初の提案内容の共同作成から契約書案の送信、署名済み PDF ドキュメントの保存まで、Dropbox は電子署名のニーズをワンストップで満たすことができます。

Dropbox で電子署名を使って作業を効率化する

請求書の承認を待っているときや、新入社員をオンボーディングするときには、書類の印刷、署名、確認、提出に貴重な時間を費やしてしまいます。しかしこれからは、そうした時間を無駄にすることはありません。電子署名ソリューションとして Dropbox Sign を使用すると、ワークフローはさまざまな点で改善されます。

  • 署名完了までの時間が最大 80 % 短縮
  • 安全なストレージ
  • ペーパーレスで環境に優しい
  • 管理業務の時間を削減
  • ファクスや郵送にかかるコストを節約(特にフリーランス)
  • Dropbox のワークスペースにすべて保管

世界はまだ電子署名に順応している途中かもしれませんが、ペンとインクでアメリカの独立宣言に署名したジョン・ハンコックたちの古き良き時代は、じきに過去のものになるでしょう。