iPhone と iPad のファイル、写真、動画、連絡先を同期する方法

お使いの Apple 製デバイスすべてで、あらゆるファイルを同期させるベストな方法を見つけましょう。

モバイル デバイス向けとデスクトップ デバイス向けの Dropbox アプリの画像

iPhone と iPad を同期させるべき理由

パソコンとスマートフォンのファイル管理だけでも骨が折れるのに、そこにタブレットが加わったら大変です。ファイルが見当たらないときは、デジタルの迷宮をさまよっているような気持ちになります。すべてのデバイスからあらゆるファイルに簡単にアクセスできるようにしたいと思うのは、自然なことです。しかし道しるべがないまま事を進めると、つまずいてしまうこともあるので注意が必要です。

iPad や iPhone をパソコンと同期するのはとても簡単です。しかし、iPad と iPhone を同期するのは意外に複雑なのです。ではなぜ、iPhone と iPad を同期する必要があるのでしょうか。

iPad は、単に iPhone を大きくしただけのデバイスではありません。さまざまな理由から、進行中のタスクに応じて iPad と iPhone を使い分けることがあります。こんなときは、どちらのデバイスからも同じファイルにアクセスできるようにしたいものです。

たとえば、あなたがイラストレーターだとしましょう。イラストを描くには、iPad の大きな画面のほうが快適です。しかし、仕上がったイラストを Instagram で世界中にシェアする際には問題が発生します。iPad の Instagram アプリは使いづらいため、iPhone に切り替えて操作を続けたほうがスムーズです。逆のパターンも考えられます。iPhone に搭載されているカメラのほうが高性能ですが、撮影した動画の編集は iPad で行いたいというケースもあるでしょう。

これは、デバイスの切り替えがスムーズであればよいというだけの問題ではありません。どこからでも同じファイルにアクセスできるようにする、ということが大事なのです。どこへ出かける場合でも、iPhone を持っている可能性は高いのですが、タブレットは常に持ち歩いているとは限りません。そのため、自分の作品や写真、音楽、その他どのようなデータでも、あらゆるファイルにそのとき持っているデバイスで簡単にアクセスできる状態にすることが大切です。

また、これは整理整頓の問題でもあります。複数のデバイスでたくさんのフォルダを探し回り、ようやく目的の写真が見つかることもあります。こうした作業は時間がかかるうえに、しないで済むならそれに越したことはありません。すべてのファイルを 1 つの場所にまとめて置いておき、どのデバイスからでもアクセスできるようにすれば、もっと効率的になるでしょう。

どのデバイスからでもアクセスできると便利になるのは、以下のようなファイルです。

  • 写真と動画:家族写真を財布に忍ばせていた時代は、今や遠い昔になりました。どのデバイスからでもすべての写真にアクセスできれば、どこにいても大切な思い出を振り返ることができます。
  • 作業中のファイル:オフィスのデスクにいなくても仕事ができる時代になりました。iPhone を使っていても、iPad で仕事をしていても、常に手元にファイルがあると安心です。大事な会議なのに書類を忘れてしまうことも、外出中にファイルの送信を依頼されて困ってしまうこともありません。
  • アプリ:iPhone と iPad でアプリを同期させるのも便利です。中には、タブレット版とスマートフォン版で内容が異なるアプリがあります。デバイスを切り替えれば、そのプラットフォームに固有の機能を使えるようになります。
  • 個人的なファイル:仕事のファイル以外にも、iPhone や iPad に入れておくと便利な個人ファイルがあるかもしれません。身分証明書のスキャン画像や保険証などは、いつでも使えるようにしておくと便利です。たとえば想定外の事態が起きて、急に予約や支払いが必要になる場合などです。
  • パスワードとアカウントの情報:すべてのデバイスでアカウントの ID やパスワードを保存しておくと、どのデバイスを使っていても手早くログインできるので、ちょっとした時間の節約になります。
  • 音楽:Spotify などのストリーミング サービスではなく、自分個人の音楽ライブラリを聴きたいという人もいるでしょう。自分の iTunes アカウントに関連付けているデバイスでも、そうでないデバイスでも、すべてのデバイスから音楽ファイルにアクセスできるようにしておくと便利です。
  • 連絡先情報:連絡先情報がまとまっていると嬉しいですね。必要な情報を見つけるために、デバイスを切り替えながら探す必要がなくなります。

iPhone か iPad のいずれかをパソコンと同期させるのは簡単ですが、iPhone と iPad 同士を同期させるのは工夫が必要です。また、Apple では iPad と iPhone を接続するケーブルを用意していないので、2 台を接続するにはインターネットを使う必要があります。

iCloud を使って iPhone と iPad をワイヤレスで同期する方法

残念ながら、iCloud を使ってすべてのデータを同期するのは、思った以上に大変です。同期するためには、両方のデバイスで設定アプリを開き、同期したいアプリとコンテンツを手作業で指定していく必要があります。

同期の手順:

  1. まず、両方のデバイスで同じ Apple ID アカウントにログインしている必要があります。どちらのデバイスでも Wi-Fi をオンにしてください。設定アプリの iCloud セクションには、使用しているすべてのデバイスで同期できるアプリがリストアップされます。それぞれのアプリについて、同期するかしないかを個別に切り替えることができます。
  2. 次に、設定アプリの[パスワードとアカウント]を開いて、両方のデバイスで同じメール アカウントがリンクされていることを確認します。
  3. 両方のデバイスですべての設定を同じにします。

設定を変えた結果、同期対象になっているアプリに変更が生じると、他のデバイスでもその変更が反映されます。たとえば、iPhone でカレンダーの予定を追加した場合、iPad 上のカレンダーにもその予定が反映されます。

上記の方法では、iPhone と iPad の間で特定アプリのデータが同期されますが、すべてのコンテンツを完全に同期することはできません。また、2 台のデバイスを使い始めてしばらく経っていて、それぞれのデバイスに別々のファイルが保存されている場合、それらを瞬時に統合することはできません。すべてのデータを即座に同期するには、いずれか一方のデバイスを工場出荷状態に戻す必要があります。ただし、この過程でデバイスに保存されていたコンテンツは削除されてしまいます。

もし、一方のデバイスが購入したばかりであれば、コンテンツのコピーは簡単です。使用中のデバイスで iCloud バックアップを作成し、新しいデバイスをセットアップする際にそのバックアップから復元すればよいのです。この手順で、ほぼすべてのデータが 2 台のデバイス間で同期されます。ただし、iCloud に保存していたファイル(連絡先、メモ、iCloud 写真、メッセージなど)のほか、Touch ID の情報、Apple Pay の設定、iCloud ミュージック ライブラリについては同期されません。

iCloud 写真と iCloud ミュージック ライブラリは、iCloud の中でも手動で同期する必要がある個別の設定項目です。iCloud を使ってすべてのデバイス間で写真、動画、音楽を同期することにはいくつかのデメリットがあります。これについては、次で詳しく説明します。

iCloud を使って iPhone と iPad を同期する場合の問題

iCloud を使って iPad と iPhone を同期するのが最も信頼できる方法だと思うかもしれませんが、実はそうではないのです。すでに説明したとおり、このプロセスは思っている以上に手間がかかります。それぞれのデバイスに異なるコンテンツが保存されている場合は、特に大変です。

さらに、Apple 製ではないデバイスを使っている場合、iCloud は使い勝手の良いサービスとは言えません。将来 Android デバイスに乗り換えた場合や、使用しているパソコンが Mac でない場合、すべてのデータが iCloud に保存されていることが問題になるかもしれません。Apple 以外のデバイスを使っていても、ある程度は iCloud を使うことができます。ただし、その機能性は限定的と言わざるを得ません。

iCloud は無料で 5 GB のストレージを提供していますが、この容量は個人的なファイルだけに使用するものではありません。バックアップなどの大容量ファイルを保存するスペースでもあるため、あっという間に使い切ってしまいます。iCloud のストレージがいっぱいになると、デバイス同士の同期ができなくなってしまいます。

iCloud 写真では、写真をデバイス側でどのように保存するかを 2 つのオプションから選択できます。[ストレージを最適化]を選択すると、オリジナルの写真は iCloud に保存され、低画質バージョンの写真がデバイスに保存されます。この場合、iCloud を使っていても、写真がデバイスの容量を消費してしまいます。[オリジナルをダウンロード]を選択すると、フル画質の写真がデバイスと iCloud の両方に保存されます。この方法では、容量の節約は一切できません。

iCloud 写真のどちらのオプションを選択した場合でも、iPhone または iPad で写真を削除すると、iCloud でもその写真が削除されます。同様に、iCloud 上の写真を削除した場合は、デバイス上からその写真が削除されます。つまり、大事な写真や動画をうっかり削除してしまう危険性があるということです。

iCloud ミュージック ライブラリにも同様の危険性があります。iCloud は主に個人使用を意図して作られているため、ファミリー共有をサポートしていません。そのため、ファイルの共有や共同作業は限られた範囲でしかできません。また、曲を重複してアップロードした場合や、iTunes 以外から入手した曲をアップロードした場合にも、複雑な状況が生まれます。iCloud 写真と同様、どのファイルがローカルに保存されていて、どのファイルがクラウド上に保存されているのかを見極めるのは困難です。それぞれのデバイスで異なる曲をダウンロードしている場合、それらを統合するのはとても面倒な作業になります。

それでも、Apple ID を使って一部のデータを同期しておくことをおすすめします。連絡先のほか、カレンダー、メモ、アプリなども iPhone から iPad に同期しておくことができます。ただし、個人的なメディアやドキュメントについては、もっとスムーズで柔軟なファイル管理ができるよりよい方法があります。

解決策:Dropbox を使って iPhone と iPad を同期する

iPhone と iPad を同期する最も簡単な方法は、Dropbox をメインのストレージとして使うことです。iOS 版 Dropbox アプリを使うことで、iPhone や iPad から直接 Dropbox にファイルを自動で転送できます。

すべてのファイルが Dropbox に保存されるので、インターネットに接続できるすべてのデバイスからファイルにアクセスできるようになります。Dropbox を使う方法は自由度が高いだけでなく、デバイス上のストレージも大幅に節約できます。すべてのファイルをクラウド上に保存しておき、編集したい場合や一時的にオフラインで利用したい場合にのみ、デバイスにファイルをダウンロードします。Microsoft Office のファイルは iOS 版 Dropbox アプリで直接編集できるので、編集前にファイルをローカルに保存する必要がありません。

また、カメラ アップロードをオンにすることもできます。この設定により、Dropbox アプリを開いていなくても写真がアップロードできるようになるので、写真がクラウド上に保存された後はデバイスからすべて削除することができます。

ファイルの復元機能も用意されているため、iPhone から写真や音楽が削除されて二度と戻ってこないという心配もありません。この点は、iCloud を利用している場合とは異なります。Dropbox を使うと、ファイルの共有と共同作業がかつてないほど簡単になります。

Dropbox をフォト ライブラリとして使用すれば、iPhone と iPad の間でファイルを同期できるだけでなく、インターネットに接続しているあらゆるデバイスからファイルにアクセスできるようになります。

iPhone と iPad のファイル アプリで Dropbox にアクセスする

iPadOS と iOS が搭載されたすべてのデバイスには、標準で Apple のファイル アプリがプリインストールされています。iPhone や iPad でファイルの作成やダウンロードを行うと、そのファイルがローカルに格納された場合でも、クラウドに格納された場合でも、ファイル アプリに保存されます。意外と知られていないことですが、このファイル アプリには Dropbox フォルダが自動で追加されるので、1 か所からすべてのファイルにアクセスできるようになります。

Dropbox フォルダがファイル アプリに追加されることで、ファイルのクラウド保存と、簡単かつスピーディなアクセスの両方を実現できます。ファイル アプリを使用して、デバイス本体や iCloud から、Dropbox に簡単にファイルを移動することもできます。

Dropbox フォルダをファイル アプリに追加するには:

    1. iOS 版 Dropbox アプリを App Store からダウンロードします。

    2. ファイル アプリの[場所]に Dropbox フォルダが自動で作成されます。

    3. iPhone に Dropbox アプリをインストールしている限り、ファイル アプリにもこの Dropbox フォルダが表示され、その内容も自動で更新されます。

ファイル アプリを使用すれば、Dropbox に保存されたファイルの閲覧、表示、ダウンロード、コピー、移動、名前変更、そして編集が可能です。また、サポートされているアプリから Dropbox フォルダに直接ファイルをアップロードすることもできます。

iCloud 経由で同期する手間や制限には別れを告げましょう。iPad と iPhone のファイルを Dropbox に保存することで、この 2 台のデバイスからだけでなく、インターネットに接続されたすべてのデバイスからもファイルにアクセスできるようになります。

iPhone と iPad を同期して同じデータにいつでもアクセス

詳しくはこちら