Dropbox でクリエイティブなアイデアを形に

制作プロセスの進め方は人それぞれですが、Dropbox のツールを活用すれば、その効率をもっと高められるかもしれません。3 人のプロフェッショナルが、それぞれの日常業務に Dropbox をどのように取り入れているかをご紹介します。

フォトグラファーのジョシュ・エデルソン氏。カメラと取材許可証を首から下げ、路上に立って景色を見渡している。

クリエイターにはそれぞれの個性があります。同じ役割を担っていても、1 つのプロジェクトで共同作業をしていても、アイデアを形にするまでのプロセスは人によって違います。

そこで、ミュージシャン、クリエイティブ ディレクター、フォトグラファーの方々に、それぞれのアイデアを形にするうえで Dropbox がどれほど大きな役割を果たしているのか、お話を伺いました。

 

ミゲル・ソルテロ氏:Chromatic 12 ソングライター/プロデューサー/エンジニア

 

ソングライター、プロデューサー、エンジニアであるミゲル・ソルテロ氏。自身のスタジオで椅子に腰かけ、微笑んでいる同氏の背後にはギターが並んでいる。

フリーランスの音楽コラボレーターとして、さまざまなジャンルで活躍するソルテロ氏の 1 日は、本人でさえ予測がつきません。ソングライター、レコーディング エンジニア、ミキサー、ボーカル コーチなど、多彩な肩書きを持つソルテロ氏は、完璧な楽曲、ボイスオーバー、オーディオ プロジェクトの制作に取り組んでいます。また、ここ数年でリモート ワークが増えたこともあり、大容量のオーディオ ファイルをすばやく保存、送信するには Dropbox が最も効率的だと感じているそうです。

「Pro Tools でのセッション、スクラッチ トラック、WAV ファイル、MP3 など、私の Dropbox には、ありとあらゆるオーディオ ファイルが入っています」とソルテロ氏は言います。「さらに、Dropbox には注釈を直接書き込める機能やタイムコード付きのコメントを追加できる機能があるので、制作過程でクライアントや共同作業相手が何を伝えようとしているのか悩むことがありません。」

ソルテロ氏はどのプロジェクトでも、クライアントが作業ファイルやレコーディング セッションを共有できるよう、Dropbox リンクを送ることから始めます。

「セッション相手は、世界中どこにいてもかまいません。自分のいる場所で音源を録音して Dropbox にアップロードすれば、私は自分のスタジオでそれをほぼリアルタイムで聴くことができます」とソルテロ氏は言います。「同じセッション中に編集やエンジニアリング作業を加えれば、ほぼ同時進行で完全なミキシング済み音源に仕上げられます。」

 

オンラインでのファイル共有が簡単であることは、ソルテロ氏の制作プロセスにおいて重要なポイントです。「ファイルを瞬時に同期して、わずか数秒でクライアントに届けられるというのは本当に素晴らしいことだと思います。」

もともと段取りを重視するソルテロ氏にとって、Dropbox は迅速かつ効率的にプロジェクトをスタジオ品質に仕上げるのに最適なツールです。全員がスタジオに集まれなくても、音楽制作のプロセスに一貫性と一体感が生まれます。

 

デイビッド・タッカー氏:Polychrome, LLC クリエイティブ ディレクター

 

 

クリエイティブ ディレクターのデイビッド・タッカー氏。オフィスのデスクトップ パソコンの前に腕を組んで座っている。

クリエイティブ ディレクターのタッカー氏は、フルタイムとフリーランスの両方の立場で、複数のクライアントのさまざまな制作ニーズに対応しています。新しい案件の提案から、さまざまな消費者向けブランドの商品パッケージやロゴのデザインまで、整然としたファイル構造を常に維持しながら Dropbox で作業を行うことで、クライアントから高い評価を得ています。

新しいプロジェクトが始まるとき、タッカー氏は Dropbox に組み込まれた HelloSign電子署名機能を使って重要な契約書への署名を迅速かつ安全に行っています。Dropbox では、よく使うドキュメントのテンプレートをすべて同じ場所に保存しておけるので、新しいドキュメントの作成に貴重な時間を取られることがありません。

「同じ種類のドキュメントをフォルダから取り出し、メール アドレスを入力して署名依頼を送信するだけなので、あっという間です」とタッカー氏は言います。

契約が締結された後、タッカー氏は Dropbox Paper をプロジェクト管理ツールとして使用し、スケジュール管理やタスク リストの作成を行っています。Paper は Word 文書よりもはるかに多機能だと同氏は強調します。実際に、スケジュールや成果物について関係者全員の認識を合わせるために、Paper をよく使っているそうです。

クライアントに成果物を見てもらう準備が整ったら、タッカー氏は Dropbox リンクを使ってファイルを送信します。そうすれば関係者全員が、受け取ったファイルにコメントを直接追加できるからです。

「すべてのフィードバックが同じ文書にまとめられるおかげで、会話やメールなどでクライアントとやり取りした経緯を調べなくても、すべてを 1 か所で確認できます」とタッカー氏はコメントしています。

複数の関係者にファイルを送付する場合、タッカー氏は Dropbox Transfer を利用してプロジェクトを円滑に進めています。

「誰が何を閲覧して、誰がそれを承認したか、全員が正しいファイルを受け取ったかを確認でき、しかも全員が簡単にアクセスできるので安心です。アクセスできるユーザーを制限することもできます」とタッカー氏は述べています。

このような高い水準のセキュリティは、タッカー氏とクライアントの双方にとって重要なことです。大事な制作物が誤って部外者の目に触れてしまうことを心配する必要がありません。

電子署名の収集からファイルの安全な送信、フィードバックの集約まで、タッカー氏は Dropbox を活用することで、複数のプロジェクトを抱える中でも常に物事をスムーズに進めることができています。

「新しいパソコンを購入したら、真っ先に Dropbox をダウンロードします」と同氏は述べています。

 

ジョシュ・エデルソン氏:Edelson Photography フォトグラファー

 

ノート パソコンで作業しているフォトグラファーのジョシュ・エデルソン氏。その背後には暗くかすんだような風景が広がっている。

写真家という職業柄、エデルソン氏はさまざまな環境で仕事をします。全国紙の依頼でカリフォルニアの山火事を取材したかと思えば、大手テクノロジー企業の依頼で洗練されたポートレート写真の撮影を手掛けるなど、エデルソン氏の日常は多忙そのものです。リモートでアーカイブにアクセスしたり、更新したりする必要がある場合に、同氏は Dropbox を利用します。

10 年以上にわたって Dropbox を使い続けているエデルソン氏は、ファイルの閲覧や共有、保存を行う際にこれ以上効率的なツールはないと考えています。あるときは炎に取り囲まれながら編集部に写真を転送し、またあるときは外国の喫茶店からアーカイブ画像の販売交渉をする、そういったことがエデルソン氏の日常です。

「スマートフォンでキーワードを検索するだけで、15 秒とかからずに目的の写真を見つけることができました」とエデルソン氏は言います。

アクセスのしやすさだけでなく、デバイスに何か問題が生じても、大事なデータがすべてバックアップされているという安心感も、同氏にとってメリットの 1 つです。

エデルソン氏は写真ファイルを Dropbox で共同作業相手やクライアントと直接共有しています。外部の編集者を雇って作業を手伝ってもらうときは、関連する画像だけを集めた別フォルダを作成するそうです。

「必要なファイルがすぐに手に入るので、編集者やクライアントに直接ダウンロード リンクを提供できる機能は、私にとって本当に重要です」とエデルソン氏は言います。

出かける機会の多いエデルソン氏が Dropbox に保存するのは仕事用のファイルだけではありません。

「税金の申告書から、子供の頃の写真をスキャンしたデータ、音楽コレクションに至るまで、私が持っているあらゆるデジタル データの保存に活用しています」と同氏は言います。

また、時間や場所を選ばず写真や個人用のドキュメントにアクセスできることは、仕事だけでなく私生活においても重要なポイントだと話しています。

あらゆる制作プロセスを Dropbox でスムーズに

今回ご紹介したプロのクリエイターの皆さんは、それぞれが独自の方法でプロジェクトに取り組んでいますが、全員に共通するのは、Dropbox をワークフローに組み込んでいることです。リアルタイムのコラボレーション、円滑なレビュー サイクル、デジタル アーカイブなどを通して、Dropbox は優れた制作物の管理と納品を支援します。