Dropbox Transfer で大容量ファイルを誰にでもすばやく送信

Dropbox Transfer のインターフェースの画像

大容量のファイルや多数のファイルを同僚やクライアントに送るのは意外と面倒です。Dropbox のファイル共有機能は、共同作業で使うのにはとても便利ですが、ときには、権限や継続的なアクセス、保存場所などを気にせず、気軽にファイルを受け渡したいという場合もあるでしょう。

そんなときにはメールがよく使われますが、メールには、ファイルを簡単に送れるというメリットがある一方、添付できるサイズに制限がある、受信者がファイルを見たかどうかわからない、というデメリットもあります。そこでご紹介したいのが Dropbox Transfer です。Dropbox Transfer なら、誰にでも簡単、安全に大容量ファイルを送ることができます。

Dropbox Transfer の使用場面を示す図

どんなファイルも簡単に送信

Transfer では、メールの手軽さはそのままに、ファイル サイズの制限を大幅に緩和。他のサービスの約 5 倍、最大 100 GB のファイルを数クリックの簡単操作で送ることができます。アルバムや Dropbox Capture で作成した動画、チームで共有する必要のある最新のプロジェクト ファイルなどにお使いいただけます。パソコンにあるファイルをドラッグ & ドロップでアップロードして送信できますが、Dropbox に保存されているファイルなら、アップロードの手間も不要です。送りたいファイルを指定したらリンクが生成されるので、後はそれをメッセージなどに貼り付けるだけ。リンクは Dropbox アカウントを持っていないユーザーでもアクセスできます。Transfer で自動作成されるメールで送ることも可能です。受信者に届くのはファイルのコピーなので、元のファイルにアクセスされることはありません。

Dropbox Transfer で転送ファイルを追加し、パスワードと通知を有効にして送信した後に、ダウンロード通知が届くアニメーション スクリーンショット

ファイルを確実に配信

Transfer には、ファイルへのアクセスを管理し、ダウンロードを促すために、パスワードと有効期限を設定する機能も用意されています。パスワードと有効期限は、リンクの送信後に設定、変更、削除することもできます。また、相手がファイルを受け取ったかどうかを確認できるダウンロード通知機能や、リンクへのアクセス回数を示す統計機能も用意されています。

Dropbox Transfer の閲覧数と設定内容を示すスクリーンショット

相手に印象付ける

Transfer では、独自のダウンロード ページを作成できるので、ブランディングの強化にも役立ちます。背景色とアートワークの変更や、独自の画像のアップロードに対応しているほか、企業のロゴを挿入することもできるので、費用をかけず、まるで独自のファイル転送ソリューションを運用しているかのように見せることができます。

Dropbox Transfer でさまざまなロゴや背景を適用しているアニメーション スクリーンショット
Dropbox では、常にワークフローの効率化に取り組んでいます。完成したファイルをこれまでよりもスムーズに送れる Dropbox Transfer は、その成果の 1 つです。Dropbox Transfer の詳細については、こちらをクリックしてください

Dropbox のクリエイター向けプラン

在宅勤務中にノート パソコンで仕事をしている女性

個人

すべてクラウドで安全に保管され、アクセスできます。クライアントからわかりやすく的確なフィードバックをもらうことが可能で、法的拘束力のある電子署名を無制限に利用できるので、クリエイティブの権利をシームレスに管理できます。

オフィス ビル内を歩く 2 人の男性

チーム

チーム全体のファイルを 1 か所にまとめて整理し、クライアントとの密な連携を通じてプロジェクトを常に把握することができます。すべての操作は、シンプルで実績のあるセキュリティで守られています。