iPhone をバックアップ、復元するには

iPhone のデータをバックアップする方法とファイルを保護するためのヒントをご紹介します。

iOS 版 Dropbox アプリに保存されたファイル、動画、写真

バックアップが重要である理由

iPhone を使っているなら、データを保護するためにバックアップを作成しましょう。iPhone のバックアップと復元はとても簡単です。たとえ今必要性を感じていないとしても、バックアップ データを用意しておけば、いざというときの頼れる保険になります。

iPhone データのバックアップが必要になる状況はいくつか考えられます。iPhone が壊れた場合、紛失したか盗難の被害に遭った場合、あるいは単に新しい iPhone に機種変更してデータの転送が必要になった場合などです。また、OS をアップデートしたらデータが消えてしまったという場合もあるでしょう。iPhone を定期的にバックアップしておけば、万が一の事態が起きても、簡単に自分のデータを復元することができます。

iPhone のデータをバックアップするには

まず、iPhone のバックアップ データをどこに保存するかを決めましょう。バックアップ データは、パソコンまたはクラウドに保存することができます。ここではどちらの方法についても説明しますが、多くの場合、バックアップ データは非常に大きなサイズになるので、パソコンのディスク容量を節約したければ、パソコンの容量を消費せずに済むクラウドにバックアップすることをおすすめします。

iPhone を iCloud のストレージにバックアップする方法

iPhone のデータを Apple の iCloud にバックアップするには、iPhone が Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認してから、次の手順を実行します。

  1. 設定アプリを開き、自分の名前をタップしてから[iCloud]をタップします。
  2. [バックアップ]をタップし、[iCloud バックアップ]をオンにします。このように設定すると、iPhone が充電中で、画面がロックされており、Wi-Fi に接続されている場合に、特定のデータが自動で iCloud にバックアップされるようになります。
  3. 同じ[バックアップ]画面で[今すぐバックアップを作成]をタップします。バックアップの実行中は、Wi-Fi に接続したままにする必要があります。[今すぐバックアップを作成]ボタンの下には、前回バックアップを作成した日時が表示されます。

iCloud を使って iPhone をバックアップする場合、一部のファイルや設定はバックアップされません。次のようなデータはバックアップの対象外となります。

  • カレンダーや連絡先、メモ、iMessage など、すでに iCloud に保存しているデータ
  • Apple のメール アプリのデータ
  • Apple Pay の設定
  • Touch ID と Face ID の設定
  • App Store のコンテンツ
  • iCloud ミュージック ライブラリのコンテンツ
  • iTunes または Apple Music から購入またはダウンロードしていない音楽データ

iPhone をパソコンにバックアップする方法

iPhone をパソコンにバックアップする場合は、次の手順を実行します。

  1. iPhone を USB でパソコンに接続します。
  2. iTunes を開きます(まだインストールしていない場合はインストールします)。
  3. iTunes で、iPhone を表す小さなデバイス アイコンをクリックします。
  4. [バックアップ]にある[このコンピュータ]を選択します。
  5. [今すぐバックアップ]をクリックします。
  6. バックアップが開始され、iPhone のデータがパソコンにバックアップされます。

バックアップ フォルダに作成されたファイルには決して変更を加えないでください。後述するように、このフォルダを Dropbox に保存することはできますが、ファイル名やフォルダ名を変更する、バックアップにファイルを追加する、バックアップに含まれるファイルを削除するといった操作を行うと、iPhone を復元するときに問題が発生する可能性があります。

iPhone を Dropbox にバックアップする方法

iCloud を使ったバックアップには固有の制限があります。また Apple 製以外のデバイスも使用している場合は、iCloud だけですべてに対応できるわけではありません。さらに、iCloud のサービスを利用しつつ、データを iPhone にローカル保存していると、どのデータがどこに保存されているのかわかりにくくなってしまう場合があります。

大切なデータを漏れなく保護しつつ、簡単にアクセスできるようにする最も確実な方法は、すべてのデバイスの主要ストレージとして Dropbox を使うことです。以下ではその方法を説明しますが、まず iPhone のバックアップ ファイルを Dropbox に保存する方法を見ていきます。

iPhone のバックアップ ファイルを Dropbox にアップロードするには、上記の iTunes を使ったバックアップ方法で、あらかじめ iPhone をパソコンにバックアップしておく必要があります。iPhone のバックアップ ファイルをパソコンに保存したら、次の手順を実行します。

Windows の場合:

  1. [スタート]メニューからエクスプローラーを開きます。
  2. 左側のペインで[PC]をクリックします。
  3. パソコンのハード ドライブ(通常は「ローカル ディスク (C:)」)をダブルクリックします。
  4. エクスプローラーの上部にある[表示]タブの[表示/非表示]で、[隠しファイル]チェック ボックスをオンにします。
  5. ハード ドライブの「ユーザー」フォルダを開きます。
  6. このパソコンにアクセスできるユーザーのリストが表示されます。ご自身のアカウントのフォルダを選択します。自分自身のアカウント名を設定していない場合、通常は「Admin」フォルダを選択します。
  7. 自分用のフォルダの中に「AppData」というフォルダがあります。このフォルダを開き、次の順にフォルダを移動します。
    1. Roaming
    2. Apple Computer
    3. MobileSync
    4. バックアップ
  8. 「Backup」フォルダを開いたら、並べ替えの順序を更新日時の降順にして、最も新しいバックアップが一覧の先頭に表示されるようにします。
  9. Dropbox 上のフォルダを、ブラウザまたはデスクトップ クライアントで開きます。
  10. 最新のバックアップ フォルダを Dropbox ウィンドウにドラッグし、アップロードが終わるまで待ちます。

Mac の場合:

  1. Finder を開き、上部のメニューで[移動]を選択します。
  2. [移動]プルダウン メニューが開いたら、Option キーを押すと、メニューに「ライブラリ」フォルダが表示されます。
  3. 「ライブラリ」フォルダを開き、次の順にフォルダを移動します。
    1. Application Support
    2. MobileSync
    3. バックアップ
  4. この後の手順は Windows とほとんど同じです。最新のバックアップ フォルダを見つけて Dropbox ウィンドウにドラッグし、アップロードが終わるまで待ちます。

バックアップ ファイルを使って iPhone を復元する

iCloud のバックアップ ファイルを使って iPhone を復元するには、次の手順を実行します。

  1. iPhone の電源を入れ、セットアップを開始して[App とデータ]画面まで進みます。
  2. [iCloud バックアップから復元]をタップします。
  3. 自分の Apple ID で iCloud アカウントにログインするよう求められます。ログインしたら、次の手順を実行します。
    1. 復元するバックアップ(通常は最新のバックアップ)を選択します。
    2. アプリと購入した項目を復元するにはもう一度 Apple ID でログインするよう求められる場合があります。
    3. 後は、バックアップからの復元が終わるまで待機します。

パソコン上のバックアップを使って復元する場合は、iPhone をパソコンに接続してから次の手順を実行します。

  1. iTunes を開き、iPhone のアイコンをクリックしてデバイスの設定画面を開きます。
  2. [バックアップを復元]を選択します。
  3. 使用するバックアップ ファイルを参照して指定します。
  4. [復元]をクリックします。
  5. 復元が行われている間、iPhone はパソコンに接続したままにします。復元が完了すると、iPhone は自動的に再起動します。再起動後、パソコンとの同期が終わるまでパソコンに接続したままにします。

Dropbox に保存したバックアップ ファイルを使って iPhone を復元するには、まずそのファイルをパソコンにダウンロードする必要があります。ダウンロード先は、そのファイルがもともと保存されていた Backup フォルダです。ただしこのフォルダは、パソコン上にバックアップを保存している場合にしか作成されません。したがってまず、新しい iPhone バックアップを作成し、iTunes によって正しいフォルダが作成されるようにすることが必要になる場合があります。

Dropbox からバックアップ ファイルをダウンロードして Backup フォルダに保存します。その後、iTunes からの復元と同じ手順を実行してください。

バックアップ ファイルをパソコンに保存しておくことにも、リスクはあります。もしそのパソコンで問題が発生し、バックアップ ファイルが失われてしまったら、そこから復元することはもうできません。でも、クラウド ストレージならそのリスクはありません。すべてのファイルが暗号化されたうえでバックアップされ、安全な状態でオンラインに保存されます。

ファイルを Dropbox に保存しておくことには、もう 1 つメリットがあります。それは、すべての重要なファイルがあるべき場所に保存されるので、どのファイルをバックアップし、どのファイルをバックアップしていないかで悩む必要がなくなるという点です。先ほども説明したように、iPhone のバックアップでは、すべてのファイルがバックアップされるわけではありません。しかしファイルを手動で Dropbox にアップロードしておけば、iPhone のバックアップには含まれないダウンロードした楽曲を含め、何がどこに保存されているのかをユーザー自身で完全に把握できます。

クラウドを最大限に有効活用する

iPhone のバックアップを作成するのは間違いなく賢明な習慣です。しかし、データを保護する方法としてそれよりもさらに確実なのは、単純に iPhone のすべてをクラウドに保存してしまうことです。そうすれば、仮に iPhone に何か問題が起きても、あるいは機種変更をしても、ファイルは常に安全で万全な状態に保たれます。バックアップから復元する必要はありません。

突然のアクシデントから iPhone のデータを守る

プランを比較