ファイルの圧縮方法

Windows と Mac でファイルを ZIP 圧縮し、ハード ディスクの容量を節約しながらサイズの大きいファイルを扱いやすくする方法をご紹介します。

ZIP ファイル形式とは

ZIP ファイルは、ハード ディスクの容量を節約し、サイズの大きいファイルやフォルダを別のパソコンに送信する手段として広く利用されています。ファイルやフォルダを ZIP 圧縮する方法はデバイスの種類によって多少異なります。ここではまず、Mac と Windows での ZIP ファイルの作成方法について説明し、次に、より効率的で信頼性に優れた別の方法をご紹介します。

ZIP ファイルとは、1 つ以上のファイルを 1 つにまとめて圧縮したファイルのことをいいます。ファイルやフォルダを ZIP 圧縮すると、データに含まれる冗長な部分が削除されてサイズが小さくなるため、保存に必要な容量が少なくて済み、共有も簡単になります。ZIP 圧縮のプロセスは「可逆データ圧縮」と呼ばれます。可逆圧縮とは、ファイル自体に影響を与えることなく、ファイル サイズを大幅に小さくできる圧縮方法のことです。ZIP はファイル アーカイブ形式の 1 つであり、他に RAR や 7-ZIP などもありますが、ZIP が最も広く利用されています。

ファイルを ZIP 圧縮する理由

ZIP ファイルが特に大きな効果を発揮するのは、チームと共有するファイルが大量にある場合や、ファイルは 1 つでもそれが大容量である場合です。また多くのメール クライアントでは、大容量のファイルを送ることができません。そのため、サイズの大きいデータを送るときにはたいていファイル圧縮が使用されます。ZIP 圧縮は、機密性の高いファイルを送信する際にデータを暗号化する目的でも使われます。

Mac でファイルやフォルダを ZIP 圧縮する方法

macOS で複数のファイルを 1 つの ZIP ファイルとして圧縮する場合は、対象のファイルをすべて同じフォルダに保存しておく必要があります。できれば、圧縮対象ファイルだけを別のフォルダにまとめることをおすすめします。フォルダを圧縮するには、対象のフォルダを右クリックするか Ctrl キーを押しながらクリックして、[<フォルダ名> を圧縮]を選択します。すると、.zip ファイルが元のフォルダと同じ場所に作成されます。

フォルダ全体ではなく、フォルダ内の特定のファイルだけを圧縮する場合は、Command キーを押しながら圧縮対象のファイルをクリックします。すべてのファイルを選択したら、右クリックして[<#> 項目を圧縮]を選択します。選択したすべてのファイルが 1 つの ZIP ファイルに圧縮され、「アーカイブ.zip」というファイルが作成されます。ファイル名を変更するには、ファイルを右クリックして[名前を変更]を選択します。ファイルを 1 つだけ圧縮する場合も同様に、そのファイルを右クリックして[<ファイル名> を圧縮]を選択します。

Windows 10 でファイルやフォルダを ZIP 圧縮する方法

[送る]を使う方法

Windows でも手順はほとんど同じです。圧縮対象のファイルをすべて 1 つのフォルダにまとめ、そのフォルダを右クリックして[送る]を選択します。表示されるメニューから[圧縮 (zip 形式) フォルダー]を選択すると、デスクトップに ZIP ファイルが作成されます。

フォルダ内のすべてのファイルではなく、一部のファイルを圧縮するには、Ctrl キーを押しながら対象のファイルを 1 つずつクリックします。圧縮したいファイルがフォルダ内ですべて連続して並んでいる場合は、先頭のファイルをクリックした後、Shift キーを押しながら最後のファイルをクリックします。すると、その間にあるすべてのファイルが選択された状態となります。そのまま右クリックして[圧縮 (zip 形式) フォルダー]を選択すると、選択したすべてのファイルが圧縮されます。ファイルを 1 つだけ圧縮する場合は、そのファイルを右クリックして同じ手順を実行します。

[共有]タブを使う方法

Windows では、圧縮するすべてのファイルを選択した後、エクスプローラーの[共有]タブにある[Zip]ボタンをクリックするという方法もあります。この方法は、Windows 8.1 以降の Windows で使用できます。それ以前の Windows では、右クリックして[送る]を使用する必要があります。

ZIP ファイルを開くには

Mac で ZIP ファイルを展開するには、そのファイルをダブルクリックするか、ファイルを右クリックして[このアプリケーションで開く]から[アーカイブユーティリティ]を選択します。すると、その ZIP ファイルと同じ場所に新しいフォルダが作成され、その中にすべてのファイルが展開されます。

Windows では、中身を参照するだけなら ZIP ファイルの展開は必要はありませんが、編集するには展開が必要です。ZIP ファイルを展開するには、ファイルを右クリックして[すべて展開]を選択します。すると、ファイルが ZIP ファイルと同じ場所に展開され保存されます。別の場所に展開するには、[すべて展開]を選択した後に表示されるウィザードで[参照]をクリックして展開先を指定します。ZIP ファイル内のすべてのファイルを一気に展開するのではなく、個々のファイルを展開する場合は、そのファイルを右クリックして[切り取り]を選択し、保存先のフォルダで貼り付けます。

既存の ZIP フォルダにファイルを追加する

既存の ZIP フォルダに新しいファイルを追加したいという場合もあるでしょう。幸い、Windows では簡単にこの操作を行うことができます。通常のフォルダにファイルを追加するときと同じように、新しいファイルやフォルダを ZIP ファイルにドラッグするだけです。

一方、Mac で新しいファイルを追加するには、サードパーティ製アプリを使う必要があります。サードパーティ製のアーカイブ ツールには WinZip など広く信頼されているツールもありますが、大きなセキュリティ リスクとなる可能性があるため、特に機密性の高いファイルを圧縮する場合にはおすすめできません。したがって、安全性を考慮するのであれば、既存の ZIP フォルダに新しいファイルを追加するのではなく、新しい ZIP ファイルを作成するようにしてください。

パスワード保護された ZIP ファイルを作成する

Windows 10 では、ZIP ファイルをパスワード保護してある程度のセキュリティを確保することができます。そのためには、まず ZIP ファイルを右クリックして[プロパティ]を選択します。[全般]タブの[詳細設定]をクリックして[内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する]をオンにし、[属性の詳細]ダイアログの[OK]をクリックします。続いて[プロパティ]ダイアログの[OK]をクリックして変更内容を保存します。すると、ZIP ファイルのアイコンに鍵マークが表示されるようになります。同じユーザー アカウントにログインしていれば、パスワード保護した ZIP ファイルも通常どおり開くことができますが、他のアカウントでは開けなくなります。この方法は、同じパソコンに限っては ZIP ファイルを保護する一定の効果を発揮しますが、ファイルを他のパソコンに移動した場合、その効果は失われます。

Mac の場合、選択肢はさらに限られます。Mac では、ZIP ファイルを直接パスワード保護することができません。パスワード保護には、ターミナルを使用した面倒な操作が必要ですが、この作業は複雑なので、他の選択肢があるなら無理にこの方法を使用することもありません。

Windows と Mac のどちらでも、ZIP ファイルを保護するためのサードパーティ製アプリは数多く提供されていますが、保護されていないファイルにサードパーティのアクセスを認めることになるため、セキュリティ リスクとなる可能性があります。

ZIP ファイルのデメリット

ほとんどの場合、ZIP 圧縮では効率的にファイル サイズを縮小できますが、ファイル形式によっては十分な効果が得られない場合もあります。たとえば、MP4 ファイルや JPEG ファイルが一例です。これらのファイルではすでにかなりの圧縮が行われているため、ZIP 圧縮を行ってもそれ以上の効果はあまり見込めません。どんなファイルでも効果がゼロということはありませんが、ファイル形式によっては大きな効果が期待できないのです。それ以上の大幅な圧縮効果を得ようとすると、ファイルが壊れる結果になりかねません。そうでなくても、圧縮プロセスにはファイルが破損、損傷するリスクがあります。また、ファイル圧縮ではそのための作業が必要になるため、ファイルを他のユーザーに送るときの手間が増えることになります。ファイルを送るもっと効率的な方法がある場合、この手間はわずらわしく感じられるかもしれません。

ZIP ファイル以外の選択肢

このようなデメリットを踏まえると、ZIP 圧縮は必ずしも最良の選択肢にはならないかもしれません。確かに ZIP 圧縮は、デバイスの容量を節約する有効な手段ではありますが、中のファイルを使用するには、まず ZIP ファイルを見つけて展開する必要があります。場合によっては、この作業に手間取ってイライラしてしまうこともあるでしょう。もし、パソコンのディスク容量をほぼ消費することなく、元のサイズでファイルを保管できる手段があるのなら、その方が作業効率はいいはずです。そこで、出番となるのがクラウド ストレージです。

Dropbox のスマート シンクを使うと、ファイルをオンラインのサーバー上に保存できるので、パソコンのディスク容量はほとんど消費されません。しかも、インターネットに接続さえしていれば、どこからでもファイルにアクセスできます。サイズや形式を問わずどんなファイルでもアップロードでき、簡単なクリック操作だけでファイルを他のユーザーと共有できます。圧縮しないのでファイルが破損する恐れもなく、大容量ファイルも簡単にアップロードして瞬時に共有できます。ZIP 圧縮のように作業の手間が増えることもありません。

それでも ZIP ファイルが必要なら、Dropbox に保存して送信しましょう。Dropbox なら、ZIP ファイル内も直接プレビュー可能です。

Dropbox のデスクトップ アプリを使うと、Dropbox フォルダにドラッグ & ドロップするだけの簡単操作でファイルを Dropbox にアップロードできます。ウェブ アプリを使う場合は、Google Chrome や Safari など普段使っているブラウザで開いたアプリに直接ファイルをドラッグ & ドロップできます。ファイルやフォルダを共有するには、[共有]ボタンをクリックして共有相手を選ぶだけです。ZIP ファイルと同じように、Dropbox のファイルもパスワードで保護できるので、アクセス権を付与しパスワードを教えたユーザーだけにアクセスを限定できます。ファイルやフォルダの共有と編集は Dropbox から直接できるので、ドキュメントを更新するたびに新しい ZIP ファイルを作って送る必要はありません。ファイルを編集するとそのすべての変更内容が Dropbox に反映されるので、コラボレーションも大幅に効率化できます。

Dropbox で共同作業をスムーズに

Dropbox Business で始めましょう