ファイルの圧縮方法

Windows と Mac でファイルを ZIP 圧縮し、ハード ディスクの容量を節約しながらサイズの大きいファイルを扱いやすくする方法をご紹介します。

true

ZIP ファイル形式とは

ZIP ファイルは、ハード ディスクの容量を節約し、サイズの大きいファイルやフォルダを別のパソコンに送信する手段として広く利用されています。ファイルやフォルダを ZIP にする方法は、使用しているデバイスによって異なります。ここでは、Mac と Windows でファイルを圧縮する方法をご紹介します。また、より効率的で信頼性に優れたファイル ストレージや共有の方法についても取り上げます。

ZIP ファイルとは、1 つ以上のファイルを 1 つにまとめて圧縮したファイルのことをいいます。ファイルやフォルダを ZIP 圧縮すると、データに含まれる冗長な部分が削除されてサイズが小さくなるため、保存に必要な容量が少なくて済み、共有も簡単になります。ZIP 圧縮のプロセスは「可逆データ圧縮」と呼ばれます。可逆圧縮とは、元のファイルには影響を与えずに、ファイル サイズを小さくできる圧縮方法のことです。ZIP はファイル アーカイブ形式の 1 つであり、他に RAR や 7-ZIP などもありますが、ZIP が最も広く利用されています。

ファイルを ZIP 圧縮する理由

ZIP ファイルが特に大きな効果を発揮するのは、チームと共有するファイルが大量にある場合や、ファイルは 1 つでもそれが大容量である場合です。また、多くのメール クライアントでは、大容量のファイルを送ることができません。そのため、サイズの大きいデータを送るときにはたいていファイル圧縮が使用されます。ZIP 圧縮は、機密性の高いファイルを送信する際にデータを暗号化する目的でも使われます。

Mac でファイルやフォルダを ZIP 圧縮する方法

macOS で複数のファイルを 1 つの ZIP として圧縮する場合、対象となるファイルはすべて同一のフォルダに置かれている必要があります。まず、圧縮するファイルだけを入れた新規フォルダを作成します。そのフォルダを右クリックするか Control キーを押したままクリックして、「<フォルダ名> を圧縮」を選択します。圧縮前のフォルダと同じ場所に、圧縮されたファイルが作成されます。

フォルダ全体ではなく、フォルダ内の特定のファイルだけを圧縮する場合は、Command キーを押しながら圧縮対象のファイルをクリックします。すべてのファイルを選択したら、右クリックして[<#> 項目を圧縮]を選択します。選択したすべてのファイルが 1 つの ZIP ファイルに圧縮され、「アーカイブ.zip」というファイルが作成されます。ファイル名を変更するには、ファイルを右クリックして[名前を変更]を選択します。ファイルを 1 つだけ圧縮する場合も同様に、そのファイルを右クリックして[<ファイル名> を圧縮]を選択します。

Windows 10 でファイルやフォルダを ZIP 圧縮する方法

Windows でも手順は大きく変わりません。圧縮対象のファイルをすべて 1 つのフォルダにまとめ、そのフォルダを右クリックして[送る]を選択します。表示されるメニューから[圧縮 (zip 形式) フォルダー]を選択すると、デスクトップに ZIP ファイルが作成されます。

Windows では、圧縮するすべてのファイルを選択した後、エクスプローラーの[共有]タブにある[Zip]ボタンをクリックするという方法もあります。この方法は、Windows 8.1 以降の Windows で使用できます。それ以前の Windows では、右クリックして[送る]を使用する必要があります。

ZIP ファイルを開くには

Mac で ZIP ファイルを展開するには、そのファイルをダブルクリックするか、ファイルを右クリックして[このアプリケーションで開く]から[アーカイブユーティリティ]を選択します。すると、その ZIP ファイルと同じ場所に新しいフォルダが作成され、その中にすべてのファイルが展開されます。

Windows では、中身を参照するだけなら ZIP ファイルの展開は必要はありませんが、編集するには展開が必要です。ZIP ファイルを展開するには、ファイルを右クリックして[すべて展開]を選択します。すると、圧縮されていたファイルが ZIP ファイルと同じ場所に展開され保存されます。別の場所に展開するには、[すべて展開]を選択した後に表示されるウィザードで[参照]をクリックして展開先を指定します。ZIP ファイル内のすべてのファイルを一気に展開するのではなく、個々のファイルを展開する場合は、そのファイルを右クリックして[切り取り]を選択し、保存先のフォルダで貼り付けます。

既存の ZIP フォルダにファイルを追加する

既存の ZIP フォルダに新しいファイルを追加したいという場合もあるでしょう。幸い、Windows では簡単にこの操作を行うことができます。通常のフォルダにファイルを追加するときと同じように、新しいファイルやフォルダを ZIP ファイルにドラッグします。それだけで、ドラッグされたファイルがその ZIP ファイルに追加されます。

一方、Mac で新しいファイルを追加するには、サードパーティ製アプリを使う必要があります。サードパーティ製のサービスには常にセキュリティ リスクが伴います。WinZip など多くの人が信頼して使用しているツールもありますが、セキュリティ リスクがゼロというわけではないので、特に機密性の高いファイルを圧縮する場合にはおすすめできません。したがって、安全性を考慮するのであれば、既存の ZIP フォルダに新しいファイルを追加するのではなく、新しい ZIP ファイルを作成するようにしてください。

パスワード保護された ZIP ファイルを作成する

Windows 10 では、ZIP ファイルをパスワード保護してある程度のセキュリティを確保することができます。そのためには、まず ZIP ファイルを右クリックして[プロパティ]を選択します。[全般]タブの[詳細設定]をクリックして[内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する]をオンにし、[属性の詳細]ダイアログの[OK]をクリックします。続いて[プロパティ]ダイアログの[OK]をクリックして変更内容を保存します。すると、ZIP ファイルのアイコンに鍵マークが表示されるようになります。同じユーザー アカウントにログインしていれば、パスワード保護した ZIP ファイルも通常どおり開くことができますが、他のアカウントでは開けなくなります。

Mac の場合、選択肢はさらに限られます。Mac では、ZIP ファイルを直接パスワード保護することができません。パスワード保護には、ターミナルを使用した面倒な操作が必要です。複雑であるだけでなく、他の方法でもパスワード保護は可能ですので、無理して使用することもありません。Windows と Mac のどちらでも、ZIP ファイルを保護するためのサードパーティ製アプリは数多く提供されていますが、保護されていないファイルへのアクセスをこうしたアプリに許可するのは、セキュリティ リスクにつながるおそれがあります。

ZIP ファイルのデメリット

ほとんどの場合、ZIP ファイルはサイズの削減に効果的な方法です。しかし、ファイルの種類によっては別の方法を検討すべきです。たとえば、MP4 ファイルや JPEG ファイルは、すでにかなりの圧縮が行われているため、ZIP 圧縮を行ってもわずかなサイズしか削減できません。どんなファイルでも ZIP ファイルにすればサイズは減りますが、ファイルの種類によっては大きな効果は見込めません。それ以上の大幅な圧縮効果を得ようとすると、ファイルが壊れる結果になりかねません。そうでなくても、圧縮プロセスにはファイルが破損、損傷するリスクがあります。また、圧縮するのも圧縮したファイルを送信するのも、それぞれに追加の操作が必要になります。実は、ZIP ファイルを使わなくても、作業を一段と効率化できる方法があるのです。

ZIP ファイル以外の選択肢

これまで見てきたデメリットを踏まえると、ZIP 圧縮は必ずしも最良の選択肢にはならないかもしれません。ZIP ファイルはデバイスの容量を節約するには良い方法ですが、アクセス性の面では問題もあります。つまり、ZIP 圧縮されたファイルを使用するには、まずその ZIP ファイルを見つけて、展開する必要があります。時間がかかる上に、ファイルが散らかりやすいのも難点です。もし、パソコンのディスク容量をほぼ消費することなく、元のサイズでファイルを保管できる手段があるのなら、その方が作業効率はいいはずです。そこで、出番となるのがクラウド ストレージです。Dropbox ではファイルの保存先を「オンラインのみ」に設定できます。この機能を使えば、パソコンの容量をほぼ使用せずに、インターネット経由でファイルにアクセスすることができます。

Dropbox ならアップロードできるファイルのサイズや形式に制限はなく、わずか数回のクリックで共有できます。圧縮しないのでファイルが破損する心配もありません。大容量ファイルも簡単にアップロードして手早く送信できます。ZIP 圧縮のように作業の手間が増えることもありません。それでも ZIP ファイルが必要なら、Dropbox に保存して送信しましょう。Dropbox なら、ZIP ファイル内も直接プレビュー可能です。

Dropbox デスクトップ アプリなら、Dropbox フォルダにファイルをドラッグするだけの簡単操作でアップロードできます。ウェブ アプリを使う場合も、Google Chrome や Safari など普段使っているブラウザの画面に直接ファイルをドラッグ & ドロップできます。ファイルやフォルダを共有するには、[共有]ボタンをクリックして共有相手を選ぶだけです。共有したファイルやフォルダは、ZIP と同様のセキュリティで保護されています。Dropbox にはパスワード保護の機能も付いています。共有相手として指定され、かつパスワードを知っている人だけがファイルを開くことができるのです。

チーム メンバーは Dropbox を使って、ファイルやフォルダを共有したり、編集したりできます。ファイルの内容を更新するたびに、新しい ZIP ファイルを作成して送信するといった操作が不要になります。Dropbox に保存したファイルは、誰かが編集すると常に新しいバージョンになります。複数台のハード ドライブにたくさんのバージョンが保存される場合に比べて、圧倒的にスムーズな共同作業が実現します。

Dropbox で共同作業をスムーズに

Dropbox Business で始めましょう