小規模企業が倒産する理由

小規模企業の経営者や起業を計画している人なら、ビジネスを進めるうえで避けるべきポイントについて知っておくべきでしょう。ここでは、ビジネスが失敗するよくある原因と、そうした失敗を回避するための戦略について紹介します。

失敗とは諸刃の剣である

失敗は、より良い決断を下せるようになるために必要な経験を与えてくれるという点で、貴重な学びの機会です。過去を振り返って、自分自身や他者がどのような点で失敗してしまったのかを知ることは、同じような場面に遭遇したときに正しい道を選べるようになるためにとても有益です。もちろん、失敗を望んでビジネスを始める人などいません。なるべく失敗しないようにするというのは、いつも心がけておくべきことです。「言うは易く行うは難し」という言葉はこのような場面で使うのでしょう。残念ながら、スタートアップの 90 % は倒産してしまいます。小規模企業の倒産は、起業から最初の数年間は常にリスクとして顕在化しています。しかし驚くべきことに、企業から 1 年後もこの脅威は消えず、操業年数とともにリスクが減るとも言えないのです。

  • 20 % の企業が創業から 2 年で倒産
  • 45 % の企業が創業から 5 年で倒産
  • 65 % の企業が創業から 10 年で倒産

データを見ると、小規模企業が陥る失敗を回避して 15 年間存続できるのは、スタートアップのうちわずか 4 分の 1 です。厳しい世界のように見えますが、野心的な起業家の挑戦を思いとどまらせることはできないようです。2019 年に、創業 1 年未満のスタートアップ企業は米国で 770,000 社以上に達しました。この数字は、2017 年の 733,490 社を上回っています。一部の起業家にとって、成功は死活問題かもしれません。ただし、もっと控えめなベンチャーにとっても、企業の設立を達成したことは誇りや喜びの源になります。ただのアイデアだったものを具体的な法人にするには大胆さや献身が必要で、そうした資質自体が成功を生み出す要素であると言えます。この点については、見落とすべきではないでしょう。

2020 年は、誰もが予想していなかった経済危機が発生しました。将来については不確定な要素が多いものの、経済状況が好転しなければ約半数の小規模企業にとって 2021 年は厳しい年になると予想されています。ただし、小規模企業は大企業に比べて変化に対応しやすいことが証明されています。起業家は、パンデミックによって発生したチャンスを捉えて、新しいビジネスを生み出すことができます。今こそ、粘り強い小規模企業に求められる素質を発揮するときです。

小規模企業が倒産する理由とは?

小規模企業のうち、一部は倒産の憂き目に遭い、一部は成功をつかむことができます。これはなぜでしょう。幸運をつかむために、企業は何をすべきでしょうか。スタートアップが最初の数年を生き延びるうえで、障害となる危険要因を以下に紹介します。

不適切な経営

事に当たる際には、うまくやらなければなりません。設立 1 日目を迎える前に、ビジネスを展開するために必要なすべてを確保しておく必要があります。つまり、小規模企業の経営を変化に対応できるようにしておくことが大切です。スタートアップに求められる一定の基準というものがあります。それは、最善かつ最も効率の良い働き方ができるような環境を整えておくことです。多くのものがリスクにさらされているので、一段とスムーズなワークフローを整え、最良のツールを揃えておくことが必要になります。生産性を大幅に高めることに成功した Valiant のように、Dropbox を導入することもおすすめです。Valiant の担当者は「Dropbox Business を導入したことで、創刊してから毎週、ファイルをスケジュールどおりに印刷に回すことができています」と話しています。

不十分な市場調査

ビジネス アイデアがどんなにすばらしいと思えても、それを人々が求めていなければうまくはいかないでしょう。人々のニーズをうまく捉えられないというのは、新しいビジネスが失敗する理由としてはごく一般的です。成功するビジネスとは、マーケットにあるギャップを見つけ、そのギャップを埋めることです。突飛なアイデアにすべきだ、ということではありません。需要に応える必要があるということです。サービスや製品を市場に投入するのは簡単なことではありません。持っている時間、労力、お金を投資するのであれば、最初のハードルでつまずかないようにしなければなりません。もちろん、ルールどおりにいかない例もあります。しかし、ほとんどの若いビジネスにとって、飽和している市場で興味や関心を生み出そうとするよりも、需要を捉えてそれに応えるほうがはるかに良い選択だと言えます。

ビジネス プランがない

人生におけるプランは誰にとっても必要なものです。同様に、ビジネスを始めようとする場合は、ビジネス プランが極めて重要になります。単なるロードマップ以上の役割を果たす、しっかりとしたビジネス プランが必要です。投資家の関心を引き出し、融資を確保し、優秀な人材を獲得するためにも役立ちます。よく練られたビジネス プランがないままビジネスを始めてしまうと、ほとんどの場合は失敗に終わってしまいます。

ビジネス プランには、以下の内容を盛り込むべきです。

概要:ここには、簡潔な内容を書くのが基本です。何をする企業なのか、その方法、経営陣、拠点について記載します。

会社説明:企業が何をするのか、そして製品やサービスがどういった需要や問題を解決するのかを記載します。製造プロセスについて、または対象となる消費者について説明します。法的な枠組みや必要なコストなどについても書いておきましょう。

調査結果:すばらしいビジネス プランとは、調査に裏付けられたものです。プランには調査の結果を記載しましょう。市場分析について説明し、将来予測やマイルストーンなどの戦略を説明します。競合との比較をして、自社の強みになる部分を書き出します。場合によっては、お客様の声を載せてもよいでしょう。

経営:どの企業でも、適切なマネジメントが必要です。企業として目指す姿やビジネス モデル、合資会社にするのか個人事業にするのかを記載します。主要な意思決定者がわかるような組織図を作ります。各自の経歴を書き入れてもよいでしょう。

マーケティング:顧客を獲得し維持する計画について説明します。また、全体的なブランドの創出と管理をどのように行うかも記載しましょう。

財務:非常に重要な点です。ここには、財務予測、キャッシュフロー計算書、賃借対照表を記載する必要があります。経営を安定させ成功への道を進むための計画を伝えるために、5 年ほどの長期的な予測を記載するべきです。

ビジネス プランは秘密にしておくものではありません。チーム メンバーが誰でも確認できる状態にしておきましょう。ビジネスの核心を記載した基礎であり、チームの全員と共有する必要があります。

チーム精神が足りない

スタートアップは易しい道ではありません。慢性的な人手不足に、「スタートアップの文化」を思い知らされるでしょう。つまり、当初の給与は低く、労働時間は長く、肩書きに囚われない働きぶりが求められます。これは小規模企業の宿命でもあります。チームとして取り組むすべての業務で、すばらしい結果を出すよう努力する必要があります。そしてあなた自身も、チームの一員である必要があります。チーム メンバーが「これは自分の仕事ではない」と感じる、または CEO がオーナーとして振る舞っていて、日常的な業務を放り投げているようであれば、ビジネスの行き詰まりは目と鼻の先です。優れた起業家精神とは、役員室から人に指示を出すことではありません。誰もが率先して仕事をするだけでなく、一人ひとりが大切にされる企業文化をあなた自身が作る必要があります。

一元的なワークスペースがあると、プロセスの孤立化に悩まされることなく、全員の認識を合わせることができます。多くのスタートアップが 1 人の CEO ではなく複数の共同設立者によって経営されているのをご存じでしょうか。これは、仕事を分担し、アイデアを交換し合うことがビジネスに不可欠であることの証です。

十分な資金がないのに夢が多すぎる

身も蓋もない話です。起業家がビジネスを立ち上げて、大きな成功を収めたという話はいろいろなところで耳にします。しかし現実は厳しいもので、企業にとって大切なものは資金です。小規模企業のオーナーは、ビジネスの継続について慎重に判断し、最重要事項として取り組む必要があります。夢物語に惑わされるようなことではいけません。確かに、都市の中心部に近代的なオフィスを構えれば、チームの士気は上がるかもしれませんが、そのオフィスが本当に必要なのかを考えたほうがよいでしょう。追加のスタッフを雇ったほうが現職スタッフの負担を減らせるかもしれませんが、そのために十分な資金が手元にあるでしょうか。会社を倒産させたいと思う起業家など存在しません。不要なものに投資をしないために、そうした失敗を大いに活かすべきなのです。企業が倒産しても、借りた資金はすべて返済しなければなりません。そうなってようやく、自身の(おそらく非現実的な)ビジョンを振り返ることになるでしょう。

不要な投資をするよりも、たとえばスムーズな共同作業など、チーム全体のコアな価値観を重視するほうがよいでしょう。仕事を 1 つの大きな「体験」として捉えることで、清潔で高額なオフィスといった表面的なことではなく、より価値の高い投資に気づくことができます。

プレゼンスが低い

たとえば、人々が望む製品を用意し、それを裏付ける市場調査を尽くした世界屈指のビジネスを営んでいるとしましょう。しかし、人々が会社の存在に気づいてくれなければ、何の意味もないのです。財務の数字を見て予測を立てるような差し迫った課題には見えませんが、プレゼンスの問題は見落としやすいためか、陥りがちな問題と言えます。たとえば、新しい拠点を探しているときに、直感に従って場所を決め、すぐに引っ越したことがあるかもしれません。しかし残念ながら、直感というものはビジネス指標としては正確なものではありません。店舗やオフィスの立地を間違えると、ビジネスはとたんに立ち行かなくなります。実は、インターネット上でのプレゼンス不足も、これとまったく同じ問題なのです。オンライン チャネルを過小評価することはできません。プレゼンスとは単にオンライン ショップを開設することだけではありません。ソーシャル メディアやその他のオムニチャネル戦略を通して顧客とのやり取りを重ね、顧客ベースを成長させていくことを意味します。商工名鑑に住所を載せておけばよいという時代は遠い過去のことです。現代のビジネスでは、多くのチャネルで 24 時間 365 日にわたって「開店」していないといけません。

時代に追いつかない

スタートアップは成長していく必要がありますが、成長するためには変化に対応できる必要があります。待ち望んでいた需要に応えることができているかもしれませんが、上昇トレンドはいつまでも続くものではありません。遅かれ早かれ、停滞の時期がやってきます。さらに、競合他社が次々と市場に参入してきます。Uber は変化に対応する好例と言えるでしょう。配車サービスというビジネス モデルを拡張して、食事の宅配、運送業、レンタサイクルを手がけるようになりました。ビジネスを拡張して新しい機会を見いだす方法を理解することも重要ですが、うまくいかなかったときに撤退する方法もおさえておくことが重要です。たとえば、Valiant は自然災害を乗り越えてビジネスを安定させることに成功しました。「ハリケーン サンディによって町は壊滅的な被害を受けましたが、Dropbox のおかげで一切の中断なく出版業務を続けることができました。発送日も守ることができました」と担当者は話しています。この件は、チーム ワークの重要性を物語る好例とも言えます。やはり、「共同作業」が重要なキーワードなのです。

最後に 1 点だけお話ししておきたいことがあります。それは、すべての仕事をうまく進めたとしても、自分がコントロールできない理由で企業が倒産してしまうことがあると言うことです。失敗とは、結果の 1 つであり、人格を示すものではありません。多くのスタートアップが挑戦と失敗を繰り返し、その過程で多くのことを学んで最終的に成功を勝ち取っています。矛盾しているように思うかもしれませんが、耐え忍ぶ力、変化に対応しようという意思、受け入れる能力、失敗から学習できること、これらすべては目標達成のための重要な要素なのです。

Dropbox でビジネスを成功に導く

今すぐ使い始める