データ移行とは

データの保存もそうですが、データの移動が必要な場合はどうしますか?

2 台のノートパソコン間でデータを移行している人物

データ移行とは

データの移行とは、大量のデータをある場所から別の場所へ移動することです。パソコンのファイルを外付けハード ドライブに移動することは、最も単純な意味でデータ移行の一形式と言えるかもしれませんが、一般的に、データ移行はもっと大規模に行われます。

移行の目的

データ移行は、効率化やセキュリティ強化を求めて、ビジネス テクノロジーを更新するために行います。ムーアの法則によると、テクノロジーの速度と機能については 2 年に 1 度くらいのペースで大幅な発展が期待できます。そのため、常に最先端を維持することが重要となります。

テクノロジーを最新の状態に保ち、レガシー システムを捨てることは、現代のビジネスにおいて避けられないことです。これは、システムからデータをすべて取得して別のシステムに移動することでもあります。これがデータ移行です。

データ移行の種類

データ移行にはいくつかの種類があり、それぞれ用途が異なります。

  • ストレージの移行:データを現在のストレージ形式から別の形式に移行します。たとえば、紙の記録をデジタル化してオンライン ストレージに保存する場合などです。

  • アプリケーションの移行:アプリケーションを新しいものに変更します。たとえば、財務を企業のレガシー プログラムから Xero に移行する場合などです。

  • データベースの移行:データベース全体を新しい場所に移動します。たとえば、ローカル オフィスのパソコンから完全なクラウドベースに移行する場合などです。

クラウド移行はデータ移行と同じか

クラウド移行はデータ移行の一種であり、オフィスのデスクトップを基盤とするファイル サーバーからクラウドにデータを移動することを指します。また、クラウドから別のクラウドに移動するときにもこの言葉が使われます。

クラウドはどのサービスでも同じか

「クラウド」の本質はインターネットですが、クラウドにアクセスする方法は、選択するサービスによって異なります。たとえば、Dropbox は Google ドライブとは違います。どちらもクラウド ストレージを提供していますが、一方にアクセスできるからと言って、もう一方に保存されているファイルへのアクセス権が自動的に与えられるわけではありません。クラウド移行とは、データを一方からもう一方へ移動することと言えるでしょう。

データ移行計画を立てるには

データの移行を成功させるには、計画を立てることが大切です。事前に計画を立てなければ、データが完全に失われる恐れがあり、少なくとも、ビジネスには不要な長いダウンタイムが発生する可能性があります。

ここでは、実際の行動を起こす前に取るべき重要なステップをいくつかご紹介します。

データの品質を把握する

データの現在の状態を確認し、機密性が高いか、どのような形式か、移行によってこの状態は変わるのか、などを把握します。発生する可能性のある問題を事前に認識しておくことで、データの損失を防ぐために、余裕を持って移行計画を調整できます。

バックアップを作成する

バックアップはすでに用意していると思いますが、ない場合は作成してください。データ移行は一大事業なので、万一問題が発生した場合に備えて、ビジネス データが別の場所に安全に保管され、災害復旧時に利用できる状態であることを確認しておく必要があります。Word 文書のようなチームの日常的なファイルについては、各チーム メンバーが自分でもクラウドにファイル転送することをお勧めします。そうすれば、自分の個人用ドキュメントが保存されている場所を正確に把握できます。

大まかな期間を把握する

データ移行は大規模な作業なので、朝出勤して、ランチ タイムまでには完了するだろうなどと思わないでください。ビジネス データをすべて移動するということは、関係者だけではなくチーム全体にも影響が及ぶということを忘れてはなりません。ダウンタイムの準備と時間配分、または週末に移行プロセスを完了するための手配が必要になるかもしれません。いずれにしても、何をしようとしているかを正確に理解するまでは、実行ボタンを押さないでください。

人員について把握する

この移行を実際に行うのは誰ですか?プロの IT チームでしょうか、それともコーディングが専門の技術者にベストを尽くせと任せてしまっていますか。データを移動することは、企業の財源を移動するのと同じくらい重要です。紛失や悪用があれば、その代償を払うことになります。企業にとって、最高のデータ移行ツールを使用することは、適切な管理ツールやその他の重要なプロセスを使用することと同じくらい重要ですので、慎重に選んでください。幸いなことに、Dropbox Cloud FastPath データ移行アドオンを使用すれば、ビジネスに必要な専門的ガイダンスが提供され、チームのプロセス全体を簡素化できます。

最良のデータ移行戦略とは

準備ができたら、次のヒントを心に留めておいてください。

適切な許可を与える

見落としがちな手順ですが、移行の最初の段階では、関与する必要のない人を排除し、関与すべき人にアクセス権を与えます。要するに、データ移行とは企業の心臓移植です。だから、誤って違うボタンを押してしまう人がいては困るのです。同じように、危機的状況の中でアクセス権の心配はしたくないはずです。全員が自分の役割を理解し、必要なツールが与えられていることを確認してください。

常に監視者を置く

データ移行は、適切に実行され、スムーズなプロセスでなければなりませんが、それを前提にしてはいけません。不意に発生した問題に対処する担当者を必ず配置してください。専用のソフトウェアやサービスを使用している場合でも、絶えず警戒を怠らないようにしましょう。

システムをテストする

移行が完了した瞬間に全員を呼び戻すのはやめましょう。移行をテストする必要があるので、ダウンタイムを計算する際には、その点を考慮しておく必要があります。少人数のスタッフを集めて、移行が日常業務に何らかの影響を与えていないか見極めるとよいでしょう。問題が見つかった場合は、修正に数日かかる場合もあります。

メンテナンスを実行し、バックアップを取っておく

問題によっては、すぐに明らかにならないことがあります。そのため、バックアップを用意しておくことが必要です。移行が完全に成功し、すべての問題が解決したことを確認できたら、現在のファイル形式にバックアップを更新して、次の移行日に備えます。

準備こそが成功の鍵

データの移行は、おそらく企業が直面する最大の IT タスクです。最高のツールで自分自身や企業の準備を整え、適切に実行してください。Dropbox データ移行アドオンは、プロフェッショナルなデータ移行を簡単に実現できる理想的なソリューションです。アクセスと権限の管理を支援する優れた分析機能により、あらゆる段階で常にスピーディーな移行を実現し、いつでも担当者のサポートを受けることができます。

ビジネスでデータの移行が避けられない状況に達していても、正しく準備していれば、データ損失は必ず回避できます。

データ移行プロセスをスムーズに

今すぐ使い始める