自動ファイル バックアップの概要とその必要性

データ保護が重要であることは誰もが理解していますが、それを実現するとなると、時には混乱を招く可能性があります。自動ファイル バックアップは、この問題の解決に役立つ利便性の高いソリューションを提供します。このガイドで詳しく説明します。

ノート パソコンとタブレット デバイスで仕事をしているクリエイティブ分野のプロフェッショナル

ソロプレナーやフリーランサーとしてのキャリアをスタートさせたら、サイバー セキュリティ計画の最初のステップの 1 つとして、データ バックアップ戦略を検討する必要があります。小規模企業経営者の中には、会社の規模が小さ過ぎて攻撃の対象になり得ないと思っている人がいるかもしれませんが、考えてほしいことがあります。

それは、コロナ禍にサイバー犯罪の割合が 600 % 増加したという痛恨の事実です。

サイバー犯罪に関して言えば、ビジネスの規模は関係なく、誰もが脆弱な存在です。だからこそ、ビジネスを成功させるには、サイバー セキュリティ計画を整備することが非常に重要なのです。バックアップを利用すれば、サイバー攻撃、マルウェア、不注意による紛失、自然災害からファイルを保護できます。

そうは言っても、パソコンにあるすべてのファイルとフォルダをバックアップすることがストレスのたまる作業であり、非常に時間がかかることは紛れもない事実です。外付けハード ドライブへのバックアップには 1 日の多くの時間を割く必要があるため、クリエイティブに良いリズムで仕事ができているときは、その流れを邪魔されたくないでしょう。

幸いなことに、この問題を解決できるソリューションがあります。それが自動ファイル バックアップです。この戦略により、手作業でのバックアップに伴うストレス、不整合、時間的な制約を回避できます。

では、この方法は、他のタイプのデータ バックアップとどう違うのでしょうか?また、本当に必要なのでしょうか?この質問に答える前に、自動ファイル バックアップの仕組みについて説明しましょう。

ファイルのポートフォリオにある青色のドキュメントを取ろうと手を伸ばしているイラスト

自動ファイル バックアップの概要

自動バックアップとは、保存されたドキュメント、ファイル、またはフォルダに加えられたすべての変更によって、データ ソースのバックアップを自動的にトリガーするプロセスです。「継続的データ保護」(CDP)および「リアルタイム バックアップ」とも呼ばれています。

従来のバックアップ方法と同様に、自動ファイル バックアップもパソコンやその中にあるすべてのデータの完全なスナップショットを作成できます。

ただし、自動バックアップが持つ「常時稼働」の性質上、手作業でのバックアップを定期的または指定した間隔で実行する必要がありません。ファイルがポータブル ハード ドライブや USB スティックにコピーされている間、イライラしながら待つこともなくなります。

自動バックアップが強力なソリューションであり、非常時のバックアップ計画のために検討する必要があるのはこのためです。

自動バックアップの仕組み

バックアップ ソフトウェアをインストールして設定すると、バックアップ対象として選択したデータの完全なコピーが作成されます。自動バックアップでは、ソフトウェアにより、ソース データに加えられたすべての変更内容が新しいターゲット(アカウント内の別のファイルまたはフォルダなど)にコピーされます。

自動バックアップでは、個々のファイルのコピーが複数作成されるため、データを紛失する直前のバージョンにシステムを戻すことができます。これにより、問題なくファイルを復元できるため、パソコンが突然シャットダウンした場合でも、作業内容が失われることを心配する必要がありません。

これらのバックアップは通常、Dropbox Backup などのオフサイトのクラウド ストレージ システムに保存、整理されます。

デスクトップ、ドキュメント、ダウンロードのフォルダが表示された Dropbox Backup のアカウント スペース

自動バックアップでは、データが紛失または破損するまで、作業に加えられたすべての変更をキャプチャします。これは「増分バックアップ」と呼ばれる場合もあります。つまり、すでにバックアップされているデータに加えられた変更をソフトウェアが検知した場合にのみ、コピーが作成されます。

また、自動バックアップのバージョン管理は、他のバックアップ方法よりも優れています。複数のコピーが作成されるため、変更を追跡し、ファイルの任意のバージョンを復元できます。ウェブ開発やアプリ開発など、共同作業が多いプロジェクトに従事している場合に最適です。

自動バックアップ ソフトウェアを使用してコピーや保存ができるデータ ソースの例として、次のようなものがあります。

  • メール、メッセージ
  • パソコンのシステム内にあるファイルとフォルダ
  • データベース ファイルとログ
  • アプリケーション データとファイル
デスクに座って、青色の画面のモニターと、横に置いた青色の画面のタブレットで仕事をしているプロフェッショナルのイラスト

自動ファイル バックアップのメリットとデメリット

自動バックアップを利用すると、重要なデータが常に保護されているという安心感を得られます。フリーランサーやソロプレナーにとっては、ビジネスの継続性をサポートするのに理想的な方法です。

クライアントの重要な期限が迫っている場合、整合性のあるバックアップを迅速に行うことが重要です。ハード ドライブへのバックアップに多くの時間を費やす、作業のバックアップを忘れてパニックになる、クライアントの作業を復元するのに必要なバックアップを最近行っていない、という状況は避ける必要があります。

このタイプのバックアップ ソリューションには、利便性だけではなく、他にも多くのメリットがあります。しかし、ここに挙げているように、自動データ バックアップにはデメリットもいくつかあります。

メリット

デメリット

ソース データに対するすべての変更を記録し、その変更をターゲット ロケーションにコピーする

大量のデータを生成する

常時稼働の性質により、ファイルが常に最新の状態で維持される

単一障害点である

すべてのトランザクションのコピーを記録する(コンプライアンスを実証する必要がある規制対象の業界にとって重要)

 

災害復旧戦略に不可欠である

 

ファイルごとに複数のバックアップ コピーが保存されるため、以前のバージョンに戻すことができる

 

バックアップの定期的な実行という時間的な制約がない

 

バックグラウンドで自動的に実行されるため、人による介入、トレーニング、またはメンテナンスが必要ない

 

バックアップがクラウドで安全に保存され、暗号化プロトコルによって保護される

 

拡張可能で費用対効果が高い

 

自動ファイル バックアップの必要性

サイバーセキュリティ、利便性、データ保護に関しては、自動バックアップは魅力的なオプションです。個人用または業務用を問わず、データを管理、保護するための先を見越した理想的な手段です。

ウェブ開発者やアプリ開発者などのソロプレナーにとって、自動バックアップは欠かせないものです。頻繁に改訂される多数のファイルを仕事で使用するものの、それらを手作業でバックアップする時間がない場合、他のバックアップ方法はあまりにも面倒なものに思えるかもしれません。

フォレンジック調査が必要なデータ セキュリティ インシデントが発生した場合は特に、自動バックアップが監査およびコンプライアンスにとってますます重要になってきます。バックアップ ソフトウェアを利用することで、HIPAA のようなデータ プライバシーに関する法律に確実に準拠できます。

あなた自身はデータを非常に慎重に扱っていると思うかもしれませんが、アクシデントは起きるものであり、データ損失の可能性は常に存在します。自動バックアップは、ファイルを安全かつ復元可能な状態に保つのに必要なセキュリティ、信頼性、柔軟性を提供します。

Dropbox Backup でのバックアップ用に準備されている 3 つのフォルダとファイルのスクリーンショット

Dropbox Backup でデジタル コンテンツを安全に保管

ファイルを保護し、簡単に復元できるようにするために、必ずしも複雑なプロセスが必要になるわけではありません。

Dropbox Backup を利用すれば、ファイルがクラウドへと自動で簡単にバックアップされるので、どんな事態に見舞われてもすばやくスムーズに復元できます。

中断したところから作業を再開

Dropbox Backup についてはこちら