バーチャル ファースト ツールキット

Dropbox は、よりスマートな働き方をバーチャルで実現することを使命としています。 Dropbox はこれまで常に、仕事をシンプルに、人間味のあるものにすることを目標としてきました。バーチャル ファースト企業への転換を果たした今、Dropbox は、この哲学をさらに推し進めることに取り組んでいます。このバーチャル ファースト ツールキットには、よりよい目標設定の方法からチームの満足度を高める方法まで、効果的なテレワークを後押しする、バーチャル中心の実践的な演習が含まれています。完全なリモート ワークや在宅勤務でチーム メンバーが離れて仕事をしている場合に、チームで効果的に働き、チーム メンバー同士のつながりを保ち、幸福感を高める一助として、ぜひこのツールキットをご活用ください。

Jun 30, 2021

エフェクティブネス キット

生産性に関する専門家がよく言うのは、「忙しさ」と「生産性の高さ」は必ずしも比例しないということです。毎日数百件のタスクをこなしていても、それが意味のあるタスクであるとは限りません。エフェクティブネス キットを使うと、重要な信号と単なるノイズを区別し、特に重要な目標の達成に専念することができます。

チームワーク キット

チーム メンバーと離れた場所で仕事をし、1 日中 Zoom 会議をしているような状況で、流れに乗ってスムーズに共同作業をするためにはどうすればよいのでしょうか?チームワーク キットでは、チーム メンバーとうまく雑談をする方法や、共通の目標を通じてメンバーとのつながりを深める方法、帰属意識を高める方法をご紹介します。

コミュニケーション キット

テレワークでは、延々と続くビデオ会議での表情やチャットでの感嘆符の使い方などを通じて、相手が本当に言いたいことをくみ取らなければなりません。コミュニケーション キットでは、難しい話題を取り上げる場合や大事なミーティングを開く場合などに、バーチャルな人間関係の世界をうまく乗り切る方法をご紹介します。

ウェルビーイング キット

テレワークが普及し、仕事とプライベートがかつてないほど渾然一体となったことで、ワークライフ バランスを実現するにはこれまでとは違う工夫が必要になっています。ウェルビーイング キットでは、生活全般を健全に保つためのシンプルなツールをご紹介しています。仕事とプライベートをうまく切り分ける方法や、ネガティブな考えがあまり浮かばないようにする方法などをご覧ください。

巻物バーチャル ファースト宣言

Dropbox では、バーチャル ファーストの働き方を実践するにあたり、次の原則を指針としています。

苗木すべては試作品

私たちは、いつどのように仕事をすべきなのでしょうか。昨今、その答えはめまぐるしく変化しています。現代のビジネスで成功を収めるためには、企業文化から製品に至るまで、私たちが作るすべてのものを創造的な実験として扱う必要があります。製品をリリースするのはそこから何かを学ぶためであり、完成度は常に 1 % です。

高電圧基本は非同期型

ただそこにいるだけで生産性を発揮しない「プレゼンティーイズム」がはびこる中、Dropbox が重視するのは自律と集中です。Dropbox では、3 つの D(ディスカッション、ディベート、意思決定)が必要な場合にしかミーティングは開きません。それ以外のトピックについては、チャット、メール、またはドキュメントでやり取りします。重要なのは、ミーティングに何回参加したかではなく、どのような成果をもたらしたかです。

バーチャルな仕事に人間味を

Dropbox では、仕事の内容や所在地に関係なく、すべての社員がバーチャルな仕事環境で最高の成果を上げられるようになってほしいと考えています。この目標を達成するため、社員の幸福感を高める思いやりのある企業文化の確立と、仕事の流れをもっとスムーズにする製品の開発に力を注いでいます。

きらめき物事をシンプルに

毎日必要なファイルを探し回ることや、大量のアプリを管理することだけが仕事ではありません。Dropbox では、社員がもっと重要な作業に専念できるよう、仕事のための仕事をできるだけ排除しようとしています。そのために、資料を簡潔にし、1 か所にまとめ、必要な人が自力でアクセスできるように努めています。

 

ジャグリングをしている人物遊び心をデザインに取り込む

Dropbox が開発しているのはエンタープライズ向けのソフトウェアかもしれませんが、だからと言ってお堅い雰囲気で仕事をする必要はありません。クリエイティブな作業には、創意工夫が必要です。そのため Dropbox では、すべての作業にちょっとした遊び心を加えるようにしています。それは、バーチャルなミーティングを行う場合でも、デザイン上の意思決定を下す場合でも変わりません。