プロのように写真をクラウドにアップロードして整理する方法

写真をクラウドにアップロードして整理する方法をステップごとに説明した、プロの写真家向けガイドをご紹介します。

Jul 09, 2021
ソファに座りノート パソコンの画面を見る女性

きちんと整理されてアクセスしやすいフォト ライブラリがあれば、クライアントとの仕事がずっと楽になることに、おそらくすでにお気づきでしょう。何でもクラウドに保存している場合は特にそうです。しかし、良い心がけとそれを実行に移すことは別であり、締め切りに追われているときはそのような余裕がないものです。幸い、Dropbox のようなクラウド ストレージ サービスを使ってデジタル画像をアップロードして整理するのは、カメラからパソコンにファイルを移動するのと同じぐらい簡単です。成功するためのポイントは、終始一貫して体系的に進めることです。

クラウドに写真を保存

クラウド ストレージの最も基本的な使い方は、どこにいても、どのデバイスからでもアクセスできる外付けハード ドライブのように扱う方法です。つまり、オンラインにあるフォルダに写真を保存するだけ。Dropbox でも他のクラウド ストレージ サービスでも、かさばる外付けハード ドライブを持ち歩くことなく画像にアクセスして共有できます。

カメラ ロールを自動アップロード

カメラ アップロードを設定すると、さらに簡単にすべての写真を安全にクラウドに保存できます。カメラ アップロードを有効にすることで、カメラ、SD カード、スマートフォン、タブレットを接続したときに、自動的に写真がクラウドに追加されるようになります。カメラ アップロードでは、Dropbox へのコピー時に EXIF データに基づいてファイル名が自動的に yyyy-mm-dd hh.mm.ss.jpg 形式に変更されます。いざ選択するときに混乱しないよう、カメラ アップロードを使い始める前に体系的な構造を準備しておく必要があります。

プロのようにフォト ライブラリを整理

プロの写真家のワークフローは、予算や技術によって異なります。十分な予算を持つ経験豊富なベテランなのか、カメラを使い始めたばかりの有望な新人なのかによって、それぞれのニーズに合わせてフォト ライブラリの整理方法を変える必要があります。

フォルダと写真の命名方法

写真家は一般ユーザーとは違い、一度に数百枚の写真を頻繁にアップロードするため、写真の名前を 1 つずつ変更するのは大変な手間になります。また、多数の画像を編集するので、バージョン間で連続性を持たせるためには、デフォルトの画像名を維持するか、カメラ アップロードの使用時に自動的に付けられた名前を維持するのが有効です。

そのため、一貫性のあるフォルダの命名規則を設定して、それを変えないことが重要になります。手始めに、コアとなる年別のフォルダと、その中に月別のサブフォルダを配置するのがおすすめです。それらのサブフォルダ内では、クライアント名や、特定の仕事のタイトルを使ってもよいでしょう。

たとえば 2019 > 08-2019 > Ortiz > Wedding Ceremony のようにします。

仕事別のサブフォルダ内には、日付、場所、人などで分類するサブフォルダをさらに追加できます。最後の非常に重要なサブフォルダは、選別用です。多くの場合、これが確認サイクルの際にクライアントに共有するフォルダになるため、すぐに見つけられるようにし、共有したい画像だけを保存するようにします。

必要なときにすばやく写真を見つけられるように、検索可能なハッシュタグを写真に追加することもできます。個別の写真またはフォルダ全体に #summer や #2021 のようなタグを使って、重要なプロジェクトをカタログ化します。

RAW と JPEG をすべてクラウドに保存すべきか

RAW ファイル(キヤノンは .CR3、ソニーは .ARW、ニコンは .NRW など)は、画像 1 枚あたり 20~40 MB あります。JPEG は 2~15 MB です。クラウド ストレージ サービスで利用可能な容量がそれほど多くない場合、撮影 1 回分の RAW 画像でストレージがいっぱいになるかもしれません。JPEG だけをアップロードすれば、容量をかなり節約できます。ただしデメリットもあります。JPEG は高画質ではなく、共有すると新規保存による画質劣化が起こる可能性もあります。

すべてが常にオンライン

クラウド ストレージの容量が十分にある場合は、すべての画像をオンラインに保存するのが最善の方法でしょう。そうすれば、どのパソコンやハード ドライブに保存したのか悩むことなく、手間を掛けずにどのデバイスからでもアクセスできます。容量を節約するために RAW と JPEG を分けたり、選別したりしなくてよいというメリットもあります。すべてが、いつでも、どこからでも使えます。

Dropbox では、ほとんどの RAW ファイルを含む、30 種類を超える画像ファイル形式をプレビューできます。Adobe のファイルもブラウザで直接プレビューでき、エクスポートや特別なソフトウェアは不要です。さらに、Lightroom や Photoshop からすべての写真を自動でクラウドに同期することもできます。

Dropbox にすべてをまとめて保存

すべてをアップロードして整理する方法がわかったら、次に必要になるのは、すべての写真を保存できる安全で信頼性の高い大容量のクラウド ストレージです。Dropbox Professional なら、3 TB のストレージ容量と便利なツールを利用できます。

あなたの写真を 1 つ上のレベルへ

Dropbox Professional の詳細はこちら