Skip to content (Press Enter)

動画制作において効果的で役立つフィードバックを提供するには

動画へのフィードバックは容易ではありません。プロジェクトにこれまで投じられた時間と労力に敬意を払いながら、適切で有益なコメントを提供しなければなりません。そのバランスを取るには、どうすればよいでしょうか。動画制作プロジェクトで効果的なフィードバックを提供する方法を、この完全ガイドでご紹介します。

スタジオでフィルム カメラを使用して動画を作成している 2 人のクリエイターのイラスト

動画制作プロセスは、どうしても時間がかかります。計画、ストーリーボードの作成、撮影、編集を経て、最終納品に至るまで、その道のりが平坦であることはめったにありません。

チームワークで動画を制作するということは、多くの場合、プロジェクトの各段階で、さまざまな人が作業にあたることを意味します。チーム メンバーがあちこちに散らばり、同時に複数のツールが使われていると、進捗状況の共有だけでも大変です。

締め切りに間に合わない作業や期日の延長が見られるようになったら、そろそろワークフローの見直しが必要です。ではどうすれば、動画プロジェクトをスムーズに進めつつ、目標と品質基準を満たすことができるでしょうか。

ここで重要なのが、効果的で役立つフィードバックです。「ここはもう一度検討が必要」とか、「考える時間をください」といったコメントでは意味がありません。動画の視聴者を念頭に置いた、直接的で建設的なフィードバックが必要です。

動画プロジェクトで、優れたフィードバックを提供する方法を詳しく見ていく前に、この種のメディアにとって、なぜフィードバックが重要なのかを説明します。

ノート パソコンで映像をレビューする 2 人の動画撮影者

動画プロジェクトでフィードバックが重要な理由

動画制作プロセスには、フィードバックのやり取りが欠かせません。

通常、動画の制作は共同作業であるため、たいていは、制作チームの他にマーケティング チームや場合によっては法務チームなど、さまざまな部署が関わります。効果的なフィードバックがあれば、各チーム メンバーは最高の作品を制作できるようになります。

チームではなく 1 人で取り組むプロジェクトでも、フィードバックは、動画に新たな視点を加えるのに役立ちます。レビューによって、新しいアイデアを得たりストーリーの見せ方を変えたりすることで、動画をレベルアップできるかもしれません。

また、同じ一連のシーンを何度も見ていると、小さなミスを見逃してしまうことがありますが、別のチーム メンバーに新鮮な目で動画をレビューしてもらえば、そうした細かな部分にも気づけるのではないでしょうか。

最後に、効果的なフィードバックからすぐに活かせる提案を取り入れれば、対象の視聴者によりふさわしい作品に動画を近付けることができます。

動画にフィードバックを提供するためのヒント

たいていの場合、よくできている動画について、場面の流れやペースなど、長所を取り上げるのは簡単です。しかし、フィードバックに必要なのは、動画にさらに磨きをかけるための、建設的で明確な次のステップです。

ここでは、動画プロジェクトの目標達成に役立つ、より効果的なフィードバックを提供する方法をご紹介します。

具体的かつ実行可能な提案をする

漠然としたコメントは役に立ちません。制作チームや編集チームが動画を改善するうえで、意味のある助けになることはありません。否定的な意見を、「これについては確信が持てない」や「いま一歩」などのコメントでごまかしては、次のステップとして実行に移すことができません。

レビュー担当者から、変更が必要な理由が説明された場合は、ワークフローを効率化したほうがはるかに簡単です。そうすれば、修正案をどのような方法で盛り込むか、それにはが最適なメンバーかが明らかになります。

フィードバックを提供する側としては、ブランド ガイドラインなどの根拠を基に、わかりやすく直接的にしたほうが、制作チームに方向性を示せてよいでしょう。過去のプロジェクトも、場面の移り変わりや音声などの細部にどうアプローチすべきかを示す具体例になります。

ノート パソコンで作業しながらプロジェクトについて話し合う 2 人の制作担当者

妥当な納期を設定する

動画プロジェクトでは、プロセスの主要な段階である制作、編集、フィードバック、最終納品を含めた作業の期日を、関係者全員が最初から認識していることが重要です。

レビュー担当者は、動画全体をできれば何度も視聴して、徹底したフィードバックを提供する必要があり、それには相当の時間がかかります。フィードバックを反映する側にも同じように、必要な変更を加えて期待されるレベルを達成するための十分な時間が必要です。

これが特に当てはまるのが、弁護士などの専門家のアドバイスを必要とする内容の場合、特殊な内容や複雑な内容の場合、提案を盛り込むために場面の追加が必要な場合です。

視聴者を意識してレビューする

動画のレビューで重要なのは、内容や見せ方がターゲットの視聴者に合っているかどうかを考えることです。見るだけの価値がある動画でしょうか?狙いどおりに視聴者を楽しませ、情報を提供し、指示を与えているでしょうか?

内容以外にも、映像や音声の品質に関する期待や基準は、視聴者によってさまざまです。たとえば、イベントの記録動画なら、動きを多くしてインパクトを生み出す必要がありますが、生の音が小さすぎたり、エコーが大量に発生したりしているようなら、音楽を重ねたほうがよいでしょう。

プロジェクト計画の段階で、視聴者を分析したり特徴を探ったりすることも可能です。この情報をレビュー プロセスに活かせば、常に焦点の定まったフィードバックを提供できます。

モニターの前でプロジェクトのドキュメントをレビューする 2 人の制作担当者

プロジェクトの目標を思い出す

動画制作ワークフローでは、毎回のフィードバックも含め、全体を通じてプロジェクト目標が中心になければなりません。

プロジェクト目標に沿ったフィードバックを提供することは、全体を見ることを意味します。レビューではまず、最も重要な要素であるストーリーの展開と動画の雰囲気に注目し、それから場面の選択や編集などの細かい部分に目を向けます。

フィードバックを 1 か所にまとめる

メールやダイレクト メッセージなどのコミュニケーション ツールにあるフィードバックを見つけるために、アプリからアプリに移動しなければならないと、不要なストレスが生じます。

さまざまなチャネル経由でばらばらに送られたフィードバックを確認するために、チーム メンバー全員があたふたしていては、ワークフロー全体のペースが落ちてしまいます。レビュー担当者間で交わされた情報に、誤解や矛盾があるまま動画制作チームや編集者に届くと状況はさらに混乱します。

この問題は、フィードバックと動画を、Dropbox Replay のような 1 つの場所にまとめることで解決します。

Replay を利用すると、Adobe Premiere Pro などのツールから直接、フレーム単位でフィードバックしたり、画面に注釈をつけたりできます。1 か所にフィードバックをまとめられるので、連携してレビュー プロセスに取り組むことができ、さらに全員が目の前のタスクに集中できます。

Dropbox Replay で制作担当者が動画にフィードバックしているところを捉えたスクリーン キャプチャ

Dropbox Replay で動画にフィードバックを追加するには

Dropbox Replay を使用すると、動画をアップロードし、Adobe Premiere Pro などの編集アプリから直接フィードバックを確認できます。

試写室をバーチャルに再現し、チーム全員で動画をリアルタイムで視聴できます。ブラウザを使ってレビューできるので、リンクを共有するだけで済みます。特別なアクセス権やソフトウェア、Dropbox アカウントは必要ありません。

バージョン管理により、コメントと注釈も含めて、動画プロジェクトのすべてのバージョンを追跡できます。Adobe Premiere Pro などの編集ツールと連携しているので、制作チームがフィードバックを反映するのも簡単です。

Dropbox Replay で動画プロジェクトに適切なフィードバックを

Dropbox には、動画の共同編集プロセスを強化するのに必要な機能がすべて備わっており、使い慣れたツールや編集アプリもそのまま利用できます。