チームの幸福度を評価する

バーチャル ファースト | ウェルビーイング キット

社員の福利厚生というと、人間工学に基づいたデスクや健康管理計画を想像しがちですが、本当の意味でチームの幸福度を高めたければ、もっと深く掘り下げることが必要です。このワークショップでは、チームのメンタル ヘルスを総合的に評価し、過度なストレスを受けたり燃え尽き症候群になったりする前に軌道を修正する方法を学びます。

50 分|バーチャル チーム ワークショップ

ステップ 1(プレワーク):個人としての幸福度を考える

チーム ミーティングを開く前に、(下の)ウェルビーイング ホイールをメールやチャットでメンバーと共用し、この 1 か月間の仕事での体験を基に、全員に 10~15 分で記入してもらいます。
ウェルビーイング ホイール

幸福度を評価する

ワークシートに必要事項を記入し(または自分で作成して)、個人的に感じていることやグループとして感じていることを把握します。

幸福を構成する要素

ステップ 2:温かみのあるワークショップを開く

幸福について語ることは、自分の弱さを露呈することと考えられがちです。ファシリテーターを務める場合は、温かみのある参加しやすい環境を作ることが重要です。バーチャル ワークショップを始めるにあたり、ワークショップがスムーズに進むよう、以下に示すいくつかの基本的な考え方に合意するようグループに求めます。

  • 経験は一人ひとり異なります。
  • 正直でオープンであることを心がけ、共有したいことが多いならできるだけ多く共有し、ないなら無理して共有する必要はありません。
  • 答えに正解/不正解はありません。
  • これは非公開のワークショップです。ワークショップで共有されたことは外部に漏らさないでください。

会話が深まり、メンバーが個人的なことを話すようになると、何らかの感情が湧き上がってくるのに気づくかもしれません。それは自然なことです。アクティブ リスニングと適切なミラーリングのテクニックを駆使して、次のように心理的に安全な場を構築します。

  • 人間としてのもろさの手本を示します:「自分も同じように感じることがあります
  • 話の内容をわかりやすく言い換えます:「[X]という話のようですが、間違いないですか?
  • 詳しい説明を促します:「もっと詳しく聞かせてください
  • 当然の感情であることを認めます:「それは本当にストレスが溜まりそうですね
  • 体験談の共有を促し、共有してくれたメンバーに感謝します:「話してくれてありがとう

ステップ 3:チームの幸福度をチェックする

会議が始まったら、幸福度チェックの時間であることをチームに伝えます(できるだけ医師が患者に接するような態度でメンバーに接することを忘れないでください)。(前掲の)ウェルビーイング ホイールを画面に表示し、メンバーそれぞれに以下の質問に答えてもらいます。

  • 気分よくいられる場所の 1 つは _______ です。
  • バランスが崩れる感じがする場所の 1 つは _______ です。
  • 気づいているパターンの 1 つは _______ です。
  • 上記の中で、テレワーク中に最も重要なことはどれですか?

ヒント:

  • チームが新設されたばかりの場合や、メンバー間で信頼関係を構築中の場合は、まずマネージャーに質問の回答を共有してもらいます。
  • チーム メンバーが 7 人以上の場合は、いくつかのグループに分けることを検討します。

ステップ 4:チーム サポート協定を結ぶ

チームの課題やニーズがわかったら、メンバー同士で互いにサポートするための具体的な方法を考えます。以下の質問について話し合い、今後 3 か月間のバーチャル幸福度チェックのスケジュールを立てます。最後に、ハンズフリーでグループ ハグを交わし、話を共有してくれたことへのお礼を全員に伝えます。

  • チームとして何か違うことはできないか?
  • チームとして今後も継続していきたいことは何か?
  • チームとして最初に取り組むべきことは何か?

その他のリソース

3 つの成功法則

習慣化する

  • 明日:次回の会議に 5 分間の雑談の時間を設けることを計画する
  • 来週:1 対 1 の会議をスマホで歩きながら行うようにして、身体を動かす時間を作る
  • 四半期ごと:チームの幸福度チェックを計画する