アーティストのコミュニティをつなげ、思いを届ける Punkpost

お礼のカードを持つ手と、その周りにあるドーナツ、ノートパソコン、クリップ、メモ帳の写真

Punkpost 創設者 レックス・モンソン氏

 

次のようなやり方はずいぶんと古風なものになってしまいました。

  • 親しい相手のためにカードを買う
  • 手書きの文章をしたためる
  • ポストに投函して相手の喜ぶ顔を思い浮かべる

今日のデジタル ワールドにおいて、このちょっとした親切がどんなテキスト メッセージやメールよりも効果的であることはわかっています。

とはいえ、カードを探して文章を書き、郵送するまでを実行するのはなかなか大変です。ほんの数ステップの行動ではありますが、現代のもっとも貴重な資源である時間をかなり費やす必要があります。では、思いを伝えたい人はどうすればよいでしょうか。

Punkpost にお任せください。

ブルーの背景に並ぶカラフルなバースデー カードとお礼の手紙

Punkpost は気持ちを伝えることを大切にする会社です。思いを乗せたメールをすべての人に届けるというシンプルなコンセプトを掲げ、個人アーティストがグリーティング カードを作成してメールで送るという事業を専門としています。

Punkpost は個人的な経験を基に生まれました。私のパートナーであるサンティアゴはよく仕事で出張していました。あるとき私は、重圧のかかるミーティングを前にした彼を元気づけようとして、宿泊先のホテルにグリーティング カードを送りました。サンティアゴは私の思いに応えて返事を出そうとしたものの、出張中にカードを送るのは簡単ではありません。旅先の慣れない土地でカードや切手が買える場所を探し、文章を書く時間も捻出しなければならないからです。その経験から私たちは、人の善意を届ける手助けをしたらどうかと思いつきました。

Punkpost 創設者がカードやメモ帳の置かれたデスクに座っている写真

それを実現したのが私たちの事業です。カードを送るプロセスを現代に合わせて刷新し、数年かけて 100 人を超えるアーティストのコミュニティを築きました。文字や手紙を書くことをこよなく愛する、レタリングやポストカードのアーティストたちです。もう誰も、完ぺきなカードを探し回ったり、郵便局に並んで切手を買うのに時間を費やしたりする必要はありません。

そしてこれらはすべて、Dropbox があるからできることなのです。

郵便受けに届けられたカラフルなグリーティング カードの写真

あらゆるアセットを効果的に整理

Punkpost では 2015 年に早くも Dropbox を利用し始めました。私は過去に Dropbox を使用した経験があり、サンティアゴと情報を共有するのに実用的で便利なソリューションだと思っていました。

一つ屋根の下で一緒に働いていたのですが、Dropbox を使い始めました。情報共有がこれほど簡単にできる方法はないからです

Dropbox が特に優れている点の 1 つは、簡単に整理できることです。フォルダの下に非常に多くのサブフォルダをネストできるのが、私たちのような仕事には大きなポイントです。たまに Google ドライブを使ってアセットを共有することもありますが、目的のものを探すのに四苦八苦します。そのため Google ドライブは一時的または一度限りのアセットのためのプラットフォームとして使用しています。最終決定したアセットは Dropbox に移動して保存しています。

Dropbox はアクセスに制限をかけることもできるので、Punkpost では役に立っています。当社のアセットのほとんどはマーケティングかソーシャル メディア用ですが、一部にはサンティアゴと私だけが使用する書類、たとえば投資家向けの情報や税務関係の書類もあります。そのような書類も安心して同じ場所に保存しておけるのは、ファイル権限の機能を使ってアクセスをコントロールできるためです。

創造性を世界に解き放つ

Dropbox が何より優れているところは、リモート ワークをサポートしてくれることではないでしょうか。Punkpost は創業当初からリモート チームとして稼動してきました。サンフランシスコの賃料や不動産価格は恐ろしいほど高く、私たちは生まれたばかりの小さなスタートアップだったので、家賃にかけるお金をもっと効果的に使うべきだと考えたのです。それに、当社の協力アーティストの多くはフリーランスであるため、1 日に何時間か絵を描くために地元のアーティストが交通渋滞の激しいベイエリアのオフィスまで来るのは合理的ではありません。

このような働き方をしている私たちにとって、リアルタイム同期ファイル共有は非常に大きな力になります。当社が扱うビジュアル アセットは容量が大きいのですが、Dropbox を使えば誰もが容量制限なくそうしたファイルにアクセスできます。アセットが完成して保存されるとすぐ Dropbox に表示され、誰でも、どこからでもアクセスできます。

スモール ビジネスのオーナーや起業家にとって、実質的にどこにいても起業を可能にするリモート アクセスは不可欠と言えるでしょう。大都市でも小さな町でも、住んでいる場所の近隣で人材を探す必要はもうありません。Dropbox を使えば、才能ある人々を国中から、さらには世界中から見つけることができます。私はこの仕事に適した人を探し、私たちの仕事に共感してくれるレタリング アーティストとつながることができました。志を同じくする人たちと一緒に働くことは、より魅力的な商品を生み出すことにつながります。

Dropbox があれば、ビジネスに距離は関係ありません。必要なのは会社や商品と人とのつながりだけです

会社全体のワークフローを改善

私たちは皆、できるだけ短い時間でできるだけ多くの成果を上げたいと思っています。それなら、誰かから書類が送信されるのを待つのはやめて、Dropbox から直接取り出せるようにするべきです。

人にファイルを送信するよう依頼したり、ファイルの保存場所に関する情報を尋ねたりするのは、正直に言ってうんざりします。使い古された格言ですが「時は金なり」です。フリーランスのアーティストに時間単位で報酬を支払っている場合は、契約書やカード アートのやり取りで人を追い回すのに時間を使ってほしくはありません。大容量のビジュアル アセットをやり取りする場所を一元化することで、当社の協力アーティストは本来の仕事である創作活動に時間と情熱を注ぐことができます。

インターフェースは非常に直感的で、パソコンのデスクトップにあるフォルダとそっくりです。初めて見た人でも問題なく使えます。75 歳の私の父も、私が送ったリンクからファイルを正しく開けます。このアクセスしやすさが、私たちのビジネス モデルのシンプルさにマッチしているのです。

発展途上のビジネスに適したソリューション

Dropbox のお陰で、私たちはプロセスとワークフローを改善し、時間を節約できました。もちろん、ファイル共有とストレージのプラットフォームは他にもあります。でも私の意見では、どのソリューションもアクセスしやすさと効率性の面では Dropbox の半分にも及びません。長い間使っているため、Dropbox を利用しない理由が理解できないと思うほどです。

Dropbox なしに Punkpost は存続できなかったと心から思います

スモール ビジネスの経営は楽ではありません。Punkpost は今でも発展途上です。けれども、Dropbox があるお陰で事業の継続ははるかに楽になっています。Punkpost の分散したチームのコラボレーションを促進し、リモート アクセスを簡単にしてくれます。リモート ワークを愛する私たちは、Dropbox のお陰でオフィスに行くことなく自分たちのするべきことを継続できます。リアルタイムのファイル アクセスとコラボレーション機能によって、同じ空間にいるのと同じようにすばやく仕事をこなせます。

Dropbox がなくても Punkpost を経営できるか?おそらくできるでしょう。でも今より複雑で、時間がかかり、ストレスが溜まるに違いありません。簡単で柔軟なワークフローを実現してくれる Dropbox があるからこそ、私たちは 1 枚 1 枚のカードに人の思いを込めて届け続けることができるのですから。