失敗しないテレワーク移行ガイド

これまでのオフィス ワークからほぼ完全なテレワーク環境に移行する間違いのないシナリオなど、まだどこにも存在していません。しかし正しい考え方と正しいツールがあれば、テレワークへの移行を成功に導き、プライベートと仕事のどちらにも好影響をもたらすことができます。

自宅でテレワークをしている人物

テレワークには課題もあるがメリットも大きい

ほとんどの人にとって、テレワークへの移行は必要に迫られてのことでした。しかも、少なからぬ苦労を強いられています。それは間違いなく事実であり、ビデオ会議ひとつをとっても、対面のときと同じようにはいきません。友人や同僚との気軽なおしゃべりも失われてしまいました。ただその一方、テレワークへの移行によって、家族やペットと一緒に過ごす時間や趣味に費やせる時間が増えています。仕事とプライベートのスケジュール調整もしやすくなりましたし、ほとんどの人は通勤が不要になって自由な時間が増えたことを喜んでいるでしょう。企業も個人も、コロナ禍の収束後に向けた準備を始めているところですが、今後もテレワークが続くことは間違いありません。

テレワークに最適な Dropbox

世界中でロックダウンが実施され、多くの人が大変な問題に直面しました。オフィスに出勤できないのなら、一体どうやって仕事に必要な資料にアクセスすればよいのでしょうか?そこで Dropbox の出番です。Dropbox があれば、いつでもどこでも必要なときに、すべての重要な作業ファイルにすばやくアクセスできます。それだけではありません。総合的なデジタル ワークスペースである Dropbox では、仕事に必要なコンテンツ、チーム メンバーとのコミュニケーション、各種ツールをすべて 1 か所に集約できるのです。

もしも Dropbox と HelloSign を導入していなければ、完全なる悪夢となっていたことでしょう。実際には、両ツールのおかげで何も変えず通常どおり業務に取り組むことができています。

Eagle Financial パートナー アダム・ジョンズ氏
私たちは、皆さんがどのようなことを経験しているかをよく知っています。なぜなら、世界 11 か国の 2,000 人を超える Dropbox 社員が「バーチャル ファースト」というアプローチに基づいてテレワークを実践しているからです。もちろん、テレワークへの取り組み方は 1 つではありません。企業、役割、人によってやり方はさまざまでしょう。私たちはこれまでに、バーチャル ワークスペースで成果を上げるための数多くの斬新なアイデアや実践のヒント、ベスト プラクティスを蓄積してきました。完全テレワーク環境であるか、オフィス ワークとテレワークのハイブリッド環境であるかは問いません。テレワーク移行の第一歩として、まずは以下にご紹介するリソースをご覧ください。

テレワークの疑問を解決

テレワークと在宅勤務の違いは?リモート チームとは?これからも続くこの新しい働き方の実態をご紹介します。

テレワークに関する疑問への答えをモバイル デバイスで探している人物

テレワーク人材の雇用

コロナ禍に伴うロックダウンと対面での活動の制限により、新入社員の募集と採用のあり方は一変してしまいました。テレワーク人材を採用するメリットと課題について解説します。

自宅の外でテレワークをしながら、紙飛行機を飛ばしている男性

リモート就活で内定を得るには

リモートでの就職活動で、自分を他のライバルから差別化するには?人事担当者に履歴書を見てもらい、オンライン面接を成功に導くためのヒントをご紹介します。

テレワーク可能な仕事をノートパソコンで探している人物

データで見るテレワークのメリット

必要に迫られて広まったテレワークですが、ビジネスにとって意義のある働き方であることが判明しています。企業と社員のどちらにも大きなメリットがある、この新しい働き方。双方の立場でテレワークを有効活用する方法をご紹介します。

ノートパソコンを使って屋外でテレワークをしている人物

Dropbox はテレワーク環境での成功を後押しします

Dropbox Business をより詳しく