最適な文書作成アプリとは

どんなに調子が良いときでも、文書を執筆するというのは大変な仕事です。そこで今回は、人気の文書作成アプリをまとめ、そうしたアプリがアイデアを表現するためにどのように役立つかをご紹介します。

Dropbox Paper アプリに書き込んだメモのスクリーンショット

ライターにとって最適なアプリ

「弘法は筆を選ばず」とは言いますが、文書作成がスムーズに進まないことはよくあります。文書作成をスムーズにしてくれるツールがあるなら、ぜひ使ってみたいものです。ありがたいことに、文書作成のツールは山ほどありますが、かえってどれが良いのかわからなくなってしまうことも。そこで今回は、効果的な文書作成ツールを比較検討し、どういった状況にどのツールが最適なのかを考えてみました。

一般的な文書作成

洗練された文書作成ソフトウェアには、それに特化した用途がありますが、より一般的な場面では、単に紙とペンを使って書き始めたほうがうまくいくことが多いでしょう。何かを書き留めてどこかに保存し、後でそれを見返せるようにすることはよくあるニーズですが、これに応えるアプリはたくさんあります。Windows 標準のメモ帳や Mac のテキスト エディットなど、必要最小限の機能を備えたテキスト エディタで十分なケースもあるかもしれません。しかし、もっと高機能な書式設定やスペルチェックを使いたいユーザーにとっては不十分でしょう。一通りの機能がそろった一般用途のツールを必要とする人にとっては、ワープロソフトがおすすめです。

Microsoft Word

「文書作成アプリ」と聞いて、最初に Microsoft Word を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。Microsoft Word は Microsoft Office スイートに含まれていて、世界でも特に人気の高いワープロソフトです。たくさんのテンプレート、書式設定オプション、編集ツールを備えていて、万能型のソフトウェアと言えるでしょう。

Dropbox は、Word 内でリアルタイムの共同作業を可能にする Microsoft とのアプリ インテグレーションを提供しています。これにより、Dropbox、モバイル アプリ、または Microsoft Office オンラインから、既存のファイルを編集することができます。ファイルに加えられた変更内容は、Dropbox に自動で反映されます。Office と Dropbox モバイル アプリは相互に連携されているので、どちらのアプリからでもファイルの作成や編集、共有を簡単に行うことができます。

Microsoft Word を使うにはサブスクリプション契約が必要です。無料のソフトウェアを使いたい場合には、OpenOffice や LibreOffice を検討するのもよいでしょう。Word に比べれば機能の数は減りますが、Word ユーザーがワープロソフトに求める機能性はしっかりと備えています。

Google ドキュメント

Google ドキュメントは、クラウドベースの文書作成アプリです。このアプリでは、友人や同僚と一緒にリアルタイムでコンテンツを作成できます。オンラインで使用するこの文書作成アプリは非常に人気が高く、スマート作成や文法チェックなどのインテリジェント機能が搭載されているので、より速く正確に文書を作成できます。作成したドキュメントは、Google ドライブに自動で保存されます。また、オンラインで共同作業する標準機能に加え、オフラインでの編集にも対応しています。個人利用の場合は無料の Google アカウントを取得するだけ、ビジネス利用の場合は G Suite アカウントに登録するだけで、簡単に始められます。

Dropbox と Google のアプリ インテグレーションによって、Google ドキュメントをその他のドキュメントと一緒に保存できるため、すべてのファイルを 1 か所に整理してまとめることができます。また、Google ドキュメントへの編集やコメントは Dropbox で通知として表示されるので、変更をすぐに知ることができます。

クリエイティブな執筆作業

小説家や脚本家の仕事は一般に、一般の文書作成よりも特殊な形で進められます。人気の文書作成アプリには、小説や脚本の執筆に使用できるテンプレートも用意されていますが、執筆する作品に特化したより専門的なアプリを選ぶユーザーもいます。

Scrivener

Scrivener は、大がかりな作品作りを念頭に作られた定評あるアプリで、文書作成にも力を発揮します。アプリには、毎日の文字数目標の達成状況がわかるデータが表示されるほか、豊富なテンプレートも用意されています。コルクボード表示に切り替えてストーリーボードを視覚的に確認し、多彩なエクスポート オプションを選ぶこともできます。

Scrivener には、経験豊富なライターのために多彩なキーボード ショートカットが用意されていて、アプリを手際よく使いこなせる点も好評です。

Storyist

Storyist は、小説家や脚本家のために作られた機能満載の文書作成アプリです。原稿を好みに合わせてカスタマイズできるスタイル エディタが組み込まれているほか、原稿と脚本の代表的なテンプレートが標準で多数用意されています。柔軟なアウトライン ツールを使ってストーリーの概要を確認できるほか、執筆中はストーリーのメモを書いたインデックス カードを原稿の横に表示させておくことができます。Storyist には Final Draft の FDX 形式のスクリプトをインポートできるため、脚本家同士の共同作業もスムーズです。また、ブック編集機能も用意されているので、原稿を印刷可能な PDF に変換することもできます。

Storyist は無料で試すことができます。ただし、Windows ユーザーにとっては残念なことですが、アプリは MacOS と iOS でしか利用できません。

Ulysses

Ulysses も、Mac、iPad、iPhone だけで利用できるアプリです。iOS 版では、Siri ショートカットと 3D Touch が利用できます。どのデバイスでも、集中しやすいインターフェースと、マークアップ機能を備えたテキスト エディタを使用でき、驚くほど豊富なテーマ変更オプションも用意されています。Ulysses では執筆状況を示すデータがリアルタイムで表示されるので、毎日の目標や締め切りに対してどれくらい進んでいるかを簡単にチェックでき、責任を持って執筆を進め、ペースを維持することができます。Dropbox とのインテグレーションを利用して、外部のフォルダを Ulysses のテキスト ライブラリに保存し、すべての書類を 1 か所にまとめることができます。

final draft

Final Draft は脚本家向けのアプリで、世界中の映画制作者がこのアプリを選んでいるとも言われています。100 以上のテンプレートに加え、自動のページネーションとフォーマットのオプションが用意されています。作品がプロ仕様に沿ってフォーマットされるので、安心して執筆作業に集中できます。Final Draft には、macOS の音声入力機能を利用したディクテーション機能があり、さらに SmartType 機能によって一般的な名称や場所の名前を自動入力できるので、執筆にかかる時間を短縮しつつ生産性を高めることができます。

Dropbox Paper

Dropbox Paper は、ドキュメント エディタとメモ作成アプリとして、さまざまな用途に活用できる便利なツールです。シンプルで集中しやすいレイアウトになっているので、日常的な執筆作業に最適だと好評です。さらに、Paper は無料で使えます。最低限必要なのは、Dropbox Basic のアカウントだけなので、すぐにでも使い始めることができます。ドキュメントはすべて安全なクラウド ストレージ アカウントに保存され、必要な時にはいつでもアクセスできるので安心です。

Paper はモバイル アプリとデスクトップ アプリの両方で使えるので、外出先でもファイルのチェックや編集ができます。また、モバイル アプリとのオフライン同期もできるので、インターネット接続が切れてしまった場合でも、再接続されるとそのデバイスで執筆していたファイル バージョンがすぐに保存され、アカウントに同期されます。

Paper には複数の共有オプションも用意されているので、共同執筆が必要なプロジェクトに最適なツールであると言えます。グループで共同執筆する場合は、他のチーム メンバーとリアルタイムで同一のファイルを編集できます。以前のファイル バージョンを復元するのも簡単で、バージョン管理について悩む必要がありません。Paper は、執筆に行き詰まったときに現状を打破するためのブレインストーミング用テンプレートとしても活用できます。また、タスク管理機能もあるので、タスクとその期限を設定することで順調にプロジェクトを進めることができます。クリエイティブな執筆業の人たちはこうした機能を活用することで、プロジェクトを仕上げるために必要な最後のひと踏ん張りができるようになります。

突き詰めていくと、最高の文書作成アプリとは「その時に開いているアプリだ」とも言えるかもしれません。未完成のアイデアを書き留めるためのシンプルなテキスト エディタでも、執筆プロセスのあらゆる段階で大活躍する高額なソフトウェアでも、大切なのは湧き出てきたばかりのアイデアを書き残せるかどうかです。Dropbox Paper は、インターネットが利用できないときでも、保存しておいたアイデアにアクセスして推敲できるので、執筆作業に取りかからない言い訳を探すのがますます難しくなるでしょう。今回ご紹介したアプリはどれも Dropbox と連携されているため、すでにいずれかのアプリを使い慣れていれば、簡単かつシームレスにストレージを利用することができます。

アイデアがひらめいたら、すぐに保存

Dropbox Paper 無料トライアル