FAST 目標を設定する

バーチャル ファースト | エフェクティブネス キット

どのチームにも目標があります。でも、効果が見込まれる目標を設定し、達成度を測定するには、どうすればよいでしょう。このワークショップでは、チームのパフォーマンスを高め、会社の戦略に沿った FAST 目標を策定します。四半期ごとの計画サイクルの一環として、または目標を見失いそうになったらいつでも、これを実行してください。

50 分|バーチャル チーム ワークショップ

ステップ 1(プレワーク):チームの目標と会社の目標を再確認する

バーチャル ワークショップを開催する前に、グループでチームの目標と会社の目標を共有します。目標には、専門用語や社内用語が使われていることが多いので、この機会に、自分が本当に目標を理解しているかどうかを確認します。グループ メンバー全員に、以下のことについて 10 分間考えてもらいます。

  • 自社にとって最も重要な 3 つの目標は、______、______、______ です。
  • 自分自身の言葉でわかりやすく説明すれば、それは ______ ということです。
  • このチームは、主に ______ という方法で会社の目標達成に貢献できます。
  • 自分が理解できない点は ___________ です。

ステップ 2:FAST 目標とは何かを考える

バーチャル ワークショップが始まったら、(下の)「FAST 目標の基本」を画面に表示してチーム全員で読み上げ、次の作業に取り組みます。

  • FAST 目標の基本について話し合い、内容を理解できるかどうか、意外に感じる点、難しいと感じる点、わかりにくい点はないかを確認します。
  • 全員でプレワークの内容を見直し、会社の目標を自分の言葉で説明できる人はいるかどうか、チームの目標が会社の目標達成にどう貢献するかを、わかりやすく説明できる人はいるかどうかを尋ねます。
  • 専門家からのアドバイス:目標の意味を勘違いしているメンバーがいたら、同じように勘違いしているメンバーが他にもいる可能性があります。その場合は臆することなく、チームの誰かに、目標をわかりやすく、10 歳の子どもにもわかる言葉で説明するよう依頼してください。
FAST 目標の基本

ステップ 3:目標を立て直す

適切な目標とは何かがわかったら、チームの目標をレベルアップします。チームの上位 3 つの目標を選び、下の FAST 目標ワークシートを使って立て直します。目標の枠組み(OKR、KPI、SMT)について合意が得られていなければ、組み立て方にあまりこだわる必要はありません。適度に大胆、かつ具体的で、会社の戦略に結びついている目標であれば、おそらくうまくいくでしょう。新しい目標を立てたら、全員の合意が得られていることを確認します。
FAST 目標ワークシート

チームの目標達成を加速する

このワークシートを使って、チームの目標達成度を「そこそこ」から「言うことなし」に変えましょう。

ステップ 4:次のステップを決める

会議を終了する前に、次は(いつ)何をするかを話し合います。

  • 合意した目標確認の予定を組みます。
  • チームの目標達成に別のチームが影響する場合は、それにどのように備えるかを考えます。
  • 目標をもう少し魅力的なものにする必要がある場合は、手を加える担当者を決めます。
  • 情報はすべて、見つけやすい場所にまとめて保管します。

その他のリソース

Dropbox Dropbox 以外

3 つの成功法則

習慣化する

  • 明日:個人的な目標を 1 つ選び、FAST 目標に設定する
  • 来月:チーム メンバーそれぞれの目標達成度を、チャットやメールで確認する
  • 四半期ごと:チームで、目標のバーチャル チューンナップを計画する