今日から始められるソロプレナーのビジネス アイデア 12 選

ソロプレナーや個人事業が人気を集め、成功を収める中で、多くの人がその仲間入りをしたいと考えています。それには、何から始めればいいのでしょうか。あなたがソロプレナーとしての一歩を踏み出すのに役立つ、広く知られている 12 のビジネス アイデアをご紹介しましょう。

最新作に取り組んでいるソロ アーティスト

近年、ソロプレナーのキャリア パスは急速に勢いを増してきていますが、それには相応の理由があります。人々は、仕事とそれ以外の両方で自分にとって何が重要なのかを再評価し、新しいキャリア ライフスタイルを選ぶようになっています。つまり、上司は自分自身であるため柔軟性が得られ、間接費が確実に最小限に抑えられるライフスタイルです。

ソロプレナーの成功談に感銘を受けた、あるいは自営業という考えに興味を引かれたのであれば、自ら個人事業を立ち上げたいとお思いかもしれません。ですが、何から始めればいいのでしょうか。

このガイドでは、特に有望な 12 種類のソロプレナー ビジネスを取り上げて、その仕事の進め方を説明し、一歩を踏み出すためのアドバイスを共有します。

でもその前に、基本を簡単に確認しておきましょう。

ソロプレナーとは

ソロプレナーとは、ビジネスのオーナーであり唯一の従業員でもある個人を指します。

起業家は 1 人で会社を創業しますが、その会社は一般に成長を目指しており、最終的には事業を売却します。ソロプレナーは単純に、安定した収入と、自営の柔軟性を求めます。

ソロプレナーは、パートナーの手を借りずに自身のビジネスを計画して管理し、リスクを引き受けます。

必要なときにサポートを求めることができないわけではありませんが、ソロプレナーであるということは、通常は仕事のほとんどを自分で遂行することを意味します。

個人事業に向いているか否か

ソロプレナーのビジネス モデルは、自ら事業を運営する自由度と、自分のことは自分だけが責任を持つという単純明快さの両面があります。それがこれほど人気を博すようになった理由はすぐに理解できるでしょう。

個人事業で得られる大きなメリットをいくつか挙げてみます。

  • 起業のコストが低い:一般にソロプレナー ビジネスは、起業するのにそれほど大きな投資は必要ありません。特に、従来型の小規模ビジネスに比べるとその傾向は顕著です。
  • 利害関係者が 1 人だけなのでシンプルさを維持できる:従業員が少ないほど複雑さが解消されるだけでなく、運転費が少なくて済み、片付ける事務仕事も減ります。
  • 自分自身が雇い主:ビジネスの全体的な方針と運営は、自身の時間と判断によって自らが完全に統括します。
  • 100 % のオーナーシップ:つまり、利益はすべて自身のものになります。

自身のソロプレナー ビジネスを始める見通しが立ちそうならば、その念願を現実のものにするための第一歩は、ビジネスのアイデアを固めることです。

今日から始められるソロプレナーのビジネス アイデア ベスト 12

個人事業ビジネス モデルの利点は、自立したビジネスとして実行可能であれば、望むことは本当に何でもできる点です。

世間には膨大な種類のソロプレナー ビジネスがあり、それをひとくくりに扱うには多すぎます。小さなヒントとなるように、あなたが今日から始められるソロプレナー ビジネスとして特に人気のあるものを 12 種類紹介します。

  1. ブロガー
  2. コンテンツ クリエイター - 動画とポッドキャスティング
  3. グラフィック デザインと写真
  4. コピーライティング
  5. 犬のグルーミングと散歩
  6. コンサルタント
  7. パーソナル トレーナー
  8. ウェブ開発者、ソフトウェア開発者、モバイル アプリ開発者
  9. バーチャル アシスタント
  10. イベント プランナー
  11. 職人、クラフト デザイナー、Etsy セラー
  12. ドロップシッパー

ブロガー

遠隔地のログハウスから次の記事を書いているソロプレナーのブロガー

ブロガーは、個人のウェブサイトまたは公開用プラットフォームで文章によるコンテンツを作成して公開します。この言葉は、ワールド ワイド ウェブの初期に生まれ、「ウェブ ログ」、後に「ブログ」と短縮されるようになったフレーズが元になっています。

ブロガーは、ソーシャル メディアにおけるインフルエンサーの原型と考えることができます。コンテンツ クリエイターであり、ソート リーダーでもあります。ブロガーが登場してしばらく経ちますが、決して絶滅寸前ではありません。実際のところ、近年、ブロガーは盛り返してきています。

ブロガーは一般に、ファッション、レシピ、インテリア デザインなど、特定のトピック分野に関するコンテンツを作成します。定期的に投稿を公開することで、フォロワーを獲得して増やそうとします。そこから、提携したショップ ページへのスポンサー付き「アフィリエイト リンク」で収益化したり、ブログ自体への広告掲載を通じて収益を得たりすることができます。

ブロガーになるには、以下が必要になります。

  • ブログで扱う話題に関するアイデア:あなたが専門性を持っているか、特に情熱を傾けていることはありますか?ブログの独自性が高いかニッチであるほど、他よりも抜きん出ることが簡単になります。
  • ブログ プラットフォーム:自身で運営するスタンドアロンのウェブサイトか、Medium や Blogger などのサードパーティのブログ プラットフォーム、またはまったく別のものもあります。
  • コンテンツ戦略:ブログのアイデアを持っていることは良い出発点ですが、成功するためには、コンテンツ戦略について考える必要があります。何について書くのか?どのようにしてトラフィックを稼ぐか?いつ、どのようにして収益化するか?
  • クリエイティブなワークフロー:これらすべての基礎を固めるには、物事を順調に進めて生産性を維持するためのワークフローが必要です。Dropbox Paper のようなライティング ツールや、すべての下書きを整理して維持するためのファイル ストレージが必要であれば、Dropbox が役に立ちます。

コンテンツ クリエイター - 動画とポッドキャスティング

数人の友人に手伝ってもらって最新の動画を撮影している YouTube コンテンツ クリエイターのイラスト

従来のブロガーの先例にならうと、十分に大きなオーディエンスを獲得できれば、マルチメディア コンテンツ クリエイターには大きな収益化の可能性があります。

主に YouTube やポッドキャスティング プラットフォーム向けにコンテンツを作成するこれらのソロプレナーは、通常、ブランド スポンサー契約、アフィリエイト マーケティング、プラットフォーム内広告によるコンテンツの収益化を通じて収益を獲得します。

この分野に参入するには、以下のことを考える必要があります。

  • 収録機器:ポッドキャスティング用のマイクや、高画質ビデオ カメラなどです。制作品質がすべてではありませんが、コンテンツが新しい視聴者の目に留まるようにするのに有用なのは確かです。
  • クリエイターとしてのプロフィール:自分のパーソナル ブランディングについて考え、選んだプラットフォームでプロフィールを設定するといいでしょう。見せ方と第一印象は大きな価値を持つ可能性があるため、本名で公開するのか、ペルソナとして公開するのか、それともまったく違う形で公開するのかをじっくり検討してください。
  • 編集ソフトウェア:1 回のテイクで完璧に収録できる人はいません。コンテンツをできるだけ洗練させて魅力的にできるように、何らかの編集ソフトウェアがあるといいでしょう。幸い、Dropbox のアプリ インテグレーションを利用すれば、クラウド ストレージのメリットを活用しながら、お気に入りの編集アプリで作業できます。
  • 大容量ファイル転送:動画や音声を操作するということは、容量の大きい非圧縮ファイルを扱うことになります。こうしたファイルをマシン間で転送する必要が生じる場合もあります。Dropbox Transfer を使えば、一度に最大 100 GB のファイルを送信でき、確実な暗号化によってアセットを安全に保つことができます。

グラフィック デザインと写真

複数のデバイスで作業するソロプレナーのフォトグラファー

グラフィック デザイナーやフォトグラファーは、一般にはフリーランサーまたは個人事業主として事業を行っており、企業と一般人の両方にサービスを提供しています。

グラフィック デザイナーの場合、ビジネスの発生源は主に他の企業です。一方でフォトグラファーの場合、企業からの依頼と、結婚式の撮影といった個人からの依頼の組み合わせで収入を得ることになるでしょう。

これらのキャリア パスのどちらにも、検討すべき事項がいくつかあります。

  • 撮影の専門分野を選ぶ:写真の道に進むのであれば、より直接的に宣伝できる専門分野を選ぶといいでしょう。たとえば、結婚式やイベントのフォトグラファーとして宣伝すれば、そうしたサービスを探す人の関心を引きやすくなります。
  • フリーランスのグラフィック デザイナーとしてディレクトリに登録する:Fiverr や Upwork のようなフリーランス向けプラットフォームへの登録を検討すると、役に立つかもしれません。この方法で、あなたが持つスキルセットを探している企業が、あなたを見つけて見積もりを依頼してくる可能性があります。実績のポートフォリオを掲載したプロフェッショナルなウェブサイトを作成することも検討するといいでしょう。
  • お気に入りのデザイン ツールを手元に置く:グラフィック デザインのキャリアを検討しているなら、すでに編集ソフトウェアを利用し、経験を積んでいるでしょう。オンラインのクラウド ストレージとローカルのデスクトップにあるデザイン アプリケーションのメリットのうちどちらかを選ぶ必要はありません。Dropbox のアプリ インテグレーションを利用すれば、クラウド ストレージのメリットを犠牲にすることなく、そのソフトウェアを引き続き使用できます。
  • 作品を安全に共有する:写真への情熱で利益を上げようとする駆け出しのフォトグラファーにとって、Dropbox は、作品の保存、編集、共有に最適なスペースです。大容量ファイルの安全な転送透かしブランドが設定されたファイル共有により、簡単にクライアントの心に残る印象を与えることができます。

さらにヒントを得るには、写真ビジネスを始める方法についての詳細なガイドをご覧ください。

コピーライティング

最新の記事に取り組むフリーランスのコピーライター

ライターとして自信を持っているが、個人ブログの開設は自分に適した道ではないと思う場合、フリーランスのコピーライターとしてのキャリアが 1 つの答えになるかもしれません。

グラフィック デザインと同様、主な収入源となるのは、ライティングでサポートを必要とする企業にサービスを提供することです。これには、ウェブサイト用の記事や広告コピー、製品情報の執筆が含まれますが、これはほんの数例に過ぎません。

  • 自分を見つけてもらいやすくする:まず第一歩として望ましいのは、フリーランス向けプラットフォームに登録して、クライアントのリストを作り始めることです。
  • ポートフォリオを構築する:ライターとしての守備範囲を紹介するための例をいくつか作成します。転用できる既存の作品があれば申し分ありません。ない場合は、自力で見本のための指示で作成して、それを満たす作品を作ってみます。同業者に批評してもらい、意見を取り入れましょう。満足のいく出来になったら、見込み客にアピールするためにポートフォリオを公開します。
  • コピーライティングのワークフローを確立する:仕事を受注できるようになったら、案件を整理して生産性を維持するのに Dropbox が役に立ちます。Dropbox Paper は、すべてのライティング プロジェクトの本拠地になります。クラウド ストレージとファイル共有機能を備えているため、クライアントに作品を送信してフィードバックを収集するのが容易です。

犬のグルーミングと散歩

庭でリモート ワークをしているソロプレナー

犬のグルーミングと散歩は、動物の世話が好きでアウトドアの素晴らしさを楽しめる人に人気のビジネスです。

これらの個人事業は、クライアントから定期的または不定期に入る予約によって収入を得ます。したがって、定期的に依頼をもらえるクライアントのリストを作ることが欠かせません。

  • 資格を取る:このソロプレナー ビジネスを検討しているのであれば、犬と接する経験が必須であることは言うまでもありません。犬のグルーミングに法的な資格は必須ではありませんが、これから顧客になる相手を安心させるために、グルーミングとスタイリングの講座を受講することを検討してはどうでしょうか。これは犬の散歩にも当てはまります。訓練と安全性に関する講座では、顧客の安心につながる新たな認定が得られるでしょう。
  • レパートリーを広げる:それほど犬好きではないとしたら、キャット シッターを検討するのもいいでしょう。家を数日間離れる必要がある猫の飼い主に需要の高いサービスです。もちろん、それだけに留まる必要もありません。カメや観賞魚を飼っていて同じくシッターを探している人が、市場となるのは間違いないでしょう。
  • 予定を管理する:サービスの品質を犠牲にすることなく、特定の時間に確実に受けられる予約が増えれば、ビジネスの収益性が高まります。端的に言って、予定を管理することに損はありません。幸い、Dropbox の生産性向上ツールとプロジェクト管理ツールを使えば、予定どおりに仕事をこなすのがこれまでになく簡単になります。

コンサルタント

戦略コンサルタントを表現した考え込む人物のイラスト

あなたは特定の分野で輝かしいキャリアや大学の終身雇用資格を持っていますか?そうであれば、コンサルタント業は一考の価値があります。

コンサルタントは、ビジネス、マーケティングなどの特定の専門分野に関するスペシャリストであり、知識や専門技術を企業に提供することで収入を得ます。これには、プロジェクトでの直接的なサポートや、セミナーやトレーニング ワークショップの開催代行、戦略的意思決定に関する経営陣への助言などがあります。

おもしろそうだと思いますか?自営のコンサルタントになりたいなら、次のような手がかりを元に検討してみましょう。

  • 自分のスキルと経験に合ったニッチな領域を選ぶ:コンサルタント業はその性質上、特定の分野において、ある程度の証明された経験が必要です。特定の業界で数年の実務経験があれば、それが理想的です。
  • 認定を取得する:必ずしも必須ではありませんが、選択する分野によっては認定が役立つ場合があります。たとえば、会計や法務のコンサルティングを検討しているなら、それらのトピックについて説明するためには関連資格の取得が欠かせません。
  • ターゲット市場を選ぶ:専門とする領域と、一般にその領域で支援を必要とするのは誰であるかを検討します。特定のタイプの企業が自力で何とかしようとしていないか。高価なコンサルティング企業の費用を支払う余裕がない企業向けに、価格で差別化できるか。あなたのサービスによってメリットが得られるオーディエンスを特定してみましょう。
  • ネットワークを構築する:市場調査を実施したら、選んだオーディエンスにリーチする方法を考えます。手始めに、ソーシャル メディア、広告、メールによる働きかけが功を奏する場合があります。以前の業界経験で培った、既知の担当者や元クライアントのネットワークも活用できる可能性があります。
  • 持続的な印象を与える:コンサルタントとして、優れた仕事をするだけでなく、パーソナル ブランドを確立して名前を売ることにも重点を置きます。Dropbox のシームレスなワークフロー、高度な共有機能、ブランド設定したファイル転送を使えば簡単です。Dropbox は、あなた自身のプロフェッショナルな才能とともに、期限どおりに優れた成果を提供するのに最適な方法です。

パーソナル トレーナー

バトンを相手に渡す人物のイラスト

ジム通いが生きがいですか?少しトレーニングを追加することで、パーソナル トレーナーとして他の人をサポートするキャリアをスタートできるかもしれません。

パーソナル トレーナーは、利用者がフィットネスの目標を達成できるようサポートします。目標はたとえば、減量や筋力増強、マラソンなどの予定されるイベントに向けたトレーニングなど、枚挙に暇がありません。

この説明を読んで力がみなぎるように感じるなら、以下のことを考えてみましょう。

  • 認定を受ける:米国では、パーソナル トレーナーとして開業するために資格を取得することは法的な必須要件ではありませんが、資格がなければ、顧客を見つけることやジムの承諾を得ることは簡単ではありません。適切な認定を探して修了することから始めましょう。
  • メンターを見つける:パーソナル トレーナーとしてのキャリアに真剣に取り組むのであれば、メンターを見つけることも検討しましょう。この分野では普通のことで、経験豊富な仲間と一緒にトレーニングし、このビジネスの複雑な事情を詳しく知ることができます。
  • 顧客から見つけてもらう方法を考える:施設内で仕事することを地元のジムで承諾してもらえれば、ジム内にあなたの情報を快く掲示してくれることはよくあります。それ以外に、ソーシャル メディアや Google ビジネス プロフィールに自身のビジネス用のページを用意することを検討しましょう。広告の掲載を検討してもいいでしょう。
  • クライアントがトレーニング プランを簡単に確認できるようにする:事業を開始したら、空いているトレーニング時間枠の予定表を設定し、きちんとこなす必要があります。クライアントの目標を把握できるように、個々のクライアントに関する詳細な記録をまとめるのもいいでしょう。Dropbox Paper では、スケジュールを設定し、クライアントに共有するレポートを作成できます。運動と食事に関するプランを作成し、パスワード保護付きで共有することで、クライアントは毎日の達成状況を安心して記録できます。

ウェブ開発者、ソフトウェア開発者、モバイル アプリ開発者

2 台のデバイスで作業するフリーランス開発者

あなたが熟練したプログラマーであれば、フリーランスの開発者として企業にサービスを提供することができます。

これは、グラフィック デザインやコピーライティングなど、すでに説明した他のフリーランス カテゴリと似たビジネス モデルですが、主な違いは、経験のあるプログラミング言語でプログラミング サービスを提供するという点です。

検討のためのヒントをいくつか挙げます。

  • 経験とスキルセットを前面に出す:何でもそこそこできるオールラウンダーだとしても、最初の一歩が肝心なため、最も得意な分野を前面に出しましょう。たとえば React 開発者を探している企業は、汎用的な「経験豊富な開発者」のリスティングよりも、専門性を宣伝しているフリーランス事業者を選ぶでしょう。
  • フリーランス事業者のディレクトリに登録する:他のフリーランス カテゴリと同様に、開発者も Upwork や Fiverr などの著名なフリーランス ディレクトリに登録すべきです。
  • 整理する:すべての作業を 1 か所にまとめ、必要なときは簡単にファイルを共有できるように、クラウド ストレージのセットアップを検討します。GitHub や、クライアントが指定する他のディレクトリで作業する可能性は大いにありますが、請求書やプロジェクト プランなど、それ以外のすべてのデータを、クラウド ストレージに安全に保存し、共有しましょう。

バーチャル アシスタント

在宅勤務をしているバーチャル アシスタントのイラスト

着信電話の対応や日誌の管理に手助けを必要としていても、フルタイムで人を雇うほどの余裕はない企業や起業家は少なくありません。

組織やプロジェクトの管理スキルがあるなら、バーチャル アシスタント サービスを提供する個人事業が最適かもしれません。

バーチャル アシスタントは、社内アシスタントが通常行うあらゆる業務を自宅からリモートで提供します。これには、ファイル管理、事務作業、ミーティングの準備、電話対応などがあります。

これが理想的だと感じたら、次のような手がかりを元に検討してみましょう。

  • スキルを磨く:アポイントを取る、出張の手配をする、予定を管理する、メールを送信する、ソーシャル メディアに投稿するなどの業務を自信を持ってこなせるようにします。自信をつけるために、こうしたスキルセットを中心に設計された講座に参加すると役立つかもしれません。
  • スキルをアピールする:スキルのポートフォリオや、過去のクライアントの声、サービスに関する詳細を掲載するウェブサイトを作成するといいでしょう。
  • 最適なプロジェクト管理ツールや整理ツールをそろえるDropbox Paper などの生産性向上ツールを使えば、クライアントがワークフローを改革して業務効率を上げられるようサポートできます。

イベント プランナー

カレンダーの日付に印を付けるイベント プランナーのイラスト

あなたは最高のパーティを開くことができますか?友人が次の遠出を計画するのにひどく苦労していたら、手伝わずにはいられないですか?

あなたの進むべき道は、イベント プランナーとしてのソロプレナー キャリアかもしれません。

イベント プランナーは、読んで字のごとくイベントのプランを立てる仕事です。いくつか例を挙げるなら、結婚式のプランナーや、祭事の主催者、パーティのプランナーなどがあります。一般にはイベントを主催する予定の組織に対してプランニング サービスを提供することで収入を得る、いわば、スキルを持つプロジェクト マネージャーです。

この魅力的な業界に参入しようとする人に、いくつかのヒントを示します。

  • 資格を取る:イベントのプランニングと管理は、表面的に見えているよりもはるかに複雑な場合があります。複雑な状況について詳しく学べる専門講座は数多くあり、準備を十分に整えるのに役立ちます。
  • 経験を積む:依頼主は、イベントのプランニングと管理についてあなたを信頼できるかどうか確かめたいと思うはずです。このカテゴリで正式なキャリアの経験がない場合は、どのようにすれば友人や家族にイベント プランニング サービスを無料で提供できるかを考えます。地域のコミュニティでイベントを開催して、この仕事を経験してみることも検討してはどうでしょうか。
  • 整理する:流動的な部分が多いため、常に一歩先を行くことが重要です。だからこそ、新進のイベント プランナーには Dropbox のプロジェクト管理ツールが最適です。
  • クリエイティブにクライアントを驚かせる:イベントのプランニングでは、プロジェクト管理だけでなく、クライアントのアイデアに耳を傾けて予算内でそれを実現することも必要です。ムード ボードや視覚的なサンプルは、初期段階の会話でクライアントを味方につけるための優れた方法です。Dropbox Paper は、多様な画像、動画、GIF、音声だけでなく、提案の詳細なタイムラインを置くのに最適な場所と言えます。

職人、クラフト デザイナー、Etsy セラー

最新作のプリント柄の作業をするソロプレナーのイラストレーター

あなたはものを作るのが好きですか?売れるほど素晴らしいクオリティの作品なら、それをビジネスにするのはどうでしょうか。

ジュエリー制作、木工、編みもの、工芸など、どのようなスキルでも、あなたの作品を買いたいと思うオーディエンスがいる可能性は十分にあります。ソロプレナーがクラフト ビジネスを運営する最も一般的な方法は、独立系の職人やデザイナーが商品を販売するための、Etsy のようなオンライン マーケットプレイスの利用です。

クラフトの趣味を現金に換えることに挑戦してみたいなら、以下のヒントを検討してみてください。

  • クラフトを選ぶ:自分のスキルセットと、人々が喜んで買おうとするのは何かを考えます。あなたがアーティストかグラフィック デザイナーなら、複製画の販売や、カスタマイズ可能なバースデー カードのデザインはどうでしょうか。木材加工ができるなら、カスタム家具の製作に特化するといいかもしれません。Etsy で現在入手可能なものを閲覧してインスピレーションを得たり、市場とのギャップを見極めたりすると役に立つでしょう。
  • セラー プロフィールを設定する:ターゲット市場が見えてきたら、自分のビジネスを準備するときです。最も簡単なのは、Etsy でセラー アカウントを作成する方法です。あなたのビジネスを見つけてもらいやすくなり、受注や決済処理が簡単になります。ショップの開設は無料ですが、商品 1 点ごとに 20 セントの出品料が必要で、出品期間は 4 か月間です。独自ルートで販売したい場合は、自分のウェブサイトやソーシャル メディアのアカウントを用意し、そこで注文を受けます。
  • 好印象を与える:プロのフォトグラファーに依頼し、最高の見せ方であなたのデザインを撮影しましょう。潜在顧客に正しくメッセージを伝えられるように、時間をかけてショップ ページの名前とブランドを考えるのも有効です。
  • 発送について検討する:どのような方法で商品を顧客に発送しますか?テーブルを販売する場合と、カスタムのグリーティング カードを発送する場合とでは、発送のニーズは大きく異なります。世界のどの地域に発送するのか、関税法による追加の手数料を考慮する必要があるのかも考えます。
  • 適切な財務記録をつける:もはや単なる趣味ではなくビジネスになるため、きちんと帳簿を付けることは長期的に見て価値があります。将来必要になる可能性がある法的な情報や税務情報を記録するのに役立つだけでなく、業績を分析し、最大の利益をもたらす商品に重点を置くようにビジネスを最適化することもできるでしょう。Dropbox を使えば、財務記録のデジタル コピーの保存と整理が簡単になるだけでなく、バックアップにもなるため、保管用のコピーを常に確実に保持できます。

ドロップシッパー

自宅でくつろいでドロップシッピング ビジネスを運営するソロプレナー

個人ベンチャーとしてのオンライン販売というテーマに続いて、近年、新たなタイプの販売者が台頭し始めています。それがドロップシッパーです。

ドロップシッピングとは、販売者が商品の在庫を直接持たずに受注を処理するという、e コマースの新しいアプローチです。次のような仕組みだと考えてください。商品リストをキュレーションしておくと、顧客はあなたのショップ ページからの購入を選択できます。

顧客が注文を完了すると、その商品の卸売業者にあなたのショップから注文リクエストが自動的に送信されます。卸売業者は注文の商品を準備して顧客に発送します。

ドロップシッパーであるあなたは、流行の仕掛け人としての役割を果たします。顧客にとってのあなたの価値は、商品を手配して勧めるという部分にあります。

それなら得意だと感じるのであれば、以下のことを考えてみましょう。

  • ニッチを選ぶ:必須ではありませんが、特定のカテゴリを専門として選ぶと効果的です。たとえば、デザインのセンスに自信があるなら、インテリア デザイン関連の商品や家具に重点を置くのはどうでしょうか。あるいは育児に情熱を注いでいるのであれば、新しく親になった人とその赤ちゃんのための商品に特化するといいでしょう。
  • サプライヤーを見つける:ドロップシッパーであるあなた以外に、このプロセスに関与する主な当事者は、メーカーとサプライヤーです。まず、商品のサプライヤーを見つける必要があります。そのサプライヤーは商品を調達するためにメーカーとやり取りし、顧客に発送する在庫を確保します。ショップのバックエンドで、Alibaba や AliExpress などのサプライヤー データベースか、DSers などの統合サプライヤー ディレクトリを通じてサプライヤーを探すことができます。
  • e コマース ショップを構築する:受注を処理したり商品を顧客に紹介したりするためには、e コマース プラットフォームが必要になります。独自のウェブサイトを用意するか、Shopify などの e コマース プラットフォームを利用できます。成約につなげるには第一印象が重要なため、時間をかけてショップ ページの見た目と使い勝手を良くします。
  • 財務情報を整理する:ドロップシッピング ビジネスが稼働したら、財務情報をきちんと整理しておく必要があります。理想としては、すべての売上が入金され、すべての経費が引き落とされる、事業用の当座預金口座があるといいでしょう。そうすることで、会計処理のために確認する口座が 1 つになります。売上税が徴収される州で事業を行い、顧客もあなたと同じ州から注文する場合は、売上税についても考える必要があります。扱う財務記録が多いため、すべてを 1 か所で安全に保持するためには、Dropbox のような安全なクラウド ストレージ記録管理のソリューションがあると役に立ちます。
Dropbox を使って予定を管理するソロプレナー

Dropbox があれば、孤軍奮闘の必要なし

ソロプレナーになることは、自らビジネスを運営することに伴う自由を楽しむ素晴らしい方法であり、その第一歩は、ビジネスのアイデアを固めることから始まります。

心が決まったら、いよいよサポートを受けるときです。それは従業員ではなく、Dropbox の豊富なツールと機能によるものです。どの機能も、情報を整理し、より多くの時間を顧客へのサービスに費やすのに役立ちます。

Dropbox は、日常業務を可能な限り協力的に進められるように設計されています。1 人でプロジェクトに取り組んでいる人も、クライアントをスペースに招待して成果品へのフィードバックを受けたい人も、Dropbox にはそれを支援する機能があります。

シンプルで安全なファイル共有クラウド ストレージはほんの一例です。遅かれ早かれ、遠距離間でリアルタイムで共同作業したり、最新の動画プロジェクトについてリアルタイムでフィードバックや注釈を受け取ったりするようになるでしょう。万が一のときに後でファイルを復元する場合に備えて、パソコン全体をクラウドに自動バックアップするよう設定することもできます。

ビジネス用ファイルをまとめて保管できる場所を見つけましょう

Dropbox を今すぐ試す