休憩時間のおしゃべりを再現する

バーチャル ファースト | チームワーク キット

健全な組織は、チーム内の基礎的で有意義な結びつきの上に成り立っています。このエクササイズを活用して、互いによく知らないグループ同士の橋渡しをしてください。ミーティングをより人間的なつながりのあるものにし、バーチャルでも思いがけない出会いを促しましょう。

 

5~30 分 | バーチャル チーム プラクティス

true

1:緊張をほぐす

以下の中からいずれかのアクティビティを選んで、人間的な親しみのある方法で取り組みをスタートしましょう。

  • 小グループ(6 人以下):ファースト ネームで呼びかけて全員を温かく歓迎します。新しい参加者には自己紹介をお願いします。アクティビティを 1 つ選んで、各参加者から回答を発表してもらいます。
  • 大グループ(7 人以上):グループ全体が取り組めるアクティビティを 1 つ選びます。その後、3~4 人のサブグループに分かれて回答を発表します。
緊張ほぐしのアクティビティ 流れ

チェックインの儀式(5~10 分、1 人につき 1 分)

ここに挙げた質問や儀式から 1 つ選んで、各チーム メンバーの気持ちを聞きます。

 

  • 心の中を天気にたとえると、今はどんな空模様ですか?(晴れ、嵐、曇り、霧雨太陽小さな雲に隠れる太陽雲に隠れる太陽雨雲に隠れる太陽雷と雨を伴う雲嵐
  • 一言または 1 つの色で、今の気持ちを答えてください。
  • 今の気持ちを動物にたとえるなら何ですか?その理由も教えてください。
  • この 1 週間で楽しかったことを 1 つ教えてください。
  • この週で、良かったことと悪かったことをそれぞれ 1 つ教えてください。
  • 抽象的な表現で、今の気持ちを絵にしてください。たとえば、空に浮かぶ雲、殻の中に隠れているカタツムリといった具合です。描いた絵をノート パソコンのカメラに写して説明してください。

簡単な質問(5~10 分、1 人につき 1 分)

Zoom ミーティング中に気まずい沈黙が生まれないよう、緊張ほぐしのアクティビティを 1~2 つ選んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 新しい同僚のことを知る
    • 幼少期をどこで過ごしましたか?
    • もしあなたが有名人になっていたとしたら、どんな分野ですか?
    • ちょっとしたことや、思いがけないことで、喜びを感じられるものは何ですか?
    • 子どもの頃になりたかった職業は何ですか?その職業と今の状況を比べるとどうですか?
    • あなたにとって重要なことで、同僚が知らなそうなことは何ですか?
    • 現在取り組んでいる最も楽しいことは何ですか?
    • 現時点で最も大変な課題は何ですか?
    • 私たちが互いに助け合える方法を 1 つ挙げるとしたら何ですか?
  • 働き方
    • 集中力を維持するための習慣やルーティンを教えてください。
    • 創造力の源は何ですか?
    • 何にストレスを感じますか?あなたのリラックス方法を教えてください。
    • 集中を保つために何をしていますか?
    • 今までに手がけた中で最高のプロジェクトは何でしたか?どのような点が気に入っていたのですか?
    • これまでで最も大変だったプロジェクトは何ですか?どういった点が難しかったのですか?
    • あなたが気に入っている効率化のコツを教えてください。
  • 特技
    • 現在の役割で役立っている才能は何ですか?
    • 子どもの頃に周囲に自慢できた才能は何ですか?
    • 特殊な能力を教えてください(例:どんな場所でも眠ることができる)。
    • あなたが 1 分で教えられることは何ですか?
  • これから叶えたい夢
    • プライベートでも仕事でも、今年達成したい目標は何ですか?
    • どんな仕事にも就けるとしたら、何をしたいですか?その理由も教えてください。
    • どんなスキルを伸ばしたいですか?

会話の糸口を見つけるカードを見るとさらなるアイデアが見つかります。

発表会(show-and-tell)(10~20 分)

バーチャルで行う宝探しです。

  • 物語や個人的な思い入れがある身の回りの物を見つけて、発表します。

最後の写真(5~10 分、1 人につき 1 分)

英語圏の小学校などで一般的な「show-and-tell」と呼ばれる発表会を現代風に行います。

  • スマートフォンに保存されている、最近撮った未加工の写真を見せながら、その写真にまつわる物語を発表してもらいます。ごまかしはナシでお願いします。

矢継ぎ早のコネクション(15 分)

 

 

 

 

2 人ペアに共通の何かを与えることで、信頼関係と一体感をすばやく構築できる格好の方法です。

  • ラウンド 1:ランダムに選んだ 2 人 1 組のブレイクアウト ルームを作ります。5 分間でお互いの出身地について話してもらい、その情報を基に秘密の握手方法(または Zoom のジェスチャー)を考えてもらいます。
  • ラウンド 2:別のチーム メンバーとペアになるようランダムなブレイクアウト ルームをもう一度作ります。5 分間で、深刻なものでも些細なものでも、最近の失敗をお互いに話します。その後、その情報を基に人生のモットーを 1 つ考えます。
  • ラウンド 3:さらに別のメンバーとペアになるよう、もう一度ブレイクアウト ルームを作ります。5 分間で、大きなことでも小さなことでも、最近の成功をお互いに話します。その後、その情報を基にタッチダウン ダンス(アメフトで得点をした後のパフォーマンス)を考えます。

2:偶然の発見を再現する

以下のツールとエクササイズを活用して、オフィスの休憩室で過ごしていたときのような時間を再現します。
チーム ペアリング
  • Slack の機能拡張 Donut のようなツールを使って、ランダムにチームをグループ分けします。1~4 週間かけて、仕事とは関係のない話題について話し合って人間関係を築けるようにします。または、休憩室で交わすような話題、興味関心のグループ、ミートアップ ルーレットなどを使ってチーム メンバーを結びつけて人間関係を築く Connections を利用します。
  • 同じ人がグループにならないよう、Zoom でランダムなペアを作ってブレイクアウト ルームに集めます。
チームでの共同作業
  • Zoom で共同作業セッションを設定します。まずは 10~15 分で、全員の仕事内容を確認します。その後、責任を明確にするために、それぞれの担当プロジェクトをドキュメントに記載してもらいます。音楽をかけて、1 時間の共同作業を行います。うまく進まない人がいたら、その人に声をかけて問題点を説明してもらいます。
進捗の共有
  • 非同期で週ごとの進捗を共有して、全員がチーム メンバーの業務内容を把握できるようにします。気になることがあれば、詳しく聞いてみてください。行き詰まっている人がいたら、サポートを申し出ましょう。

その他のリソース

3 つの成功法則

習慣化する

  • 翌日:ミーティングの参加者を温かく迎え入れ、初参加の人には自己紹介を依頼します。
  • 翌週:すべてのミーティングで、始めに 5~10 分の時間を取って会話のきっかけを作ります。
  • 四半期ごと:組織や会社の全体で共同作業セッションを開催します。