コーヒーとアートワーク

イングランドとウェールズの境にあるスペシャルティ コーヒーの焙煎所では、デジタル ツールを駆使した異文化コラボレーションで業種の枠を超えた活発な取り組みを進めています。

焙煎中のコーヒー豆のクローズアップ
Hundred House Coffee の創業者が Dropbox を使って世界中のアーティストと共同作業している様子をご覧ください。

イングランド中西部シュロップシャー州。なだらかに起伏する緑の丘陵の奥まった場所で、Hundred House Coffee の共同創業者マシュー・ウェイド氏が、意欲的に開発した新しいコーヒーの香りを確認しています。少し離れたところには、ノート パソコンで作業をする、パートナーで共同創業者のアナベル・デ・ガーシグニー氏の姿。数百キロ遠方にいるアーティストから送られてきた、新しいラベルのデザインをチェックしているところです。スペシャルティ コーヒーを販売するのに、地価の高い都市部に店舗を構える必要はない。そのことを、この 2 人のコーヒー職人が証明しています。コーヒー作りに対する情熱さえ共有できれば、場所はどこでも関係ないのです。

Hundred House Coffee が特別なコーヒーを作り出すために重視しているのは豊かな香りだけではありません。持続可能な栽培に取り組むアフリカと中南米の農家から仕入れたコーヒー豆を使用しているほか、限定生産のコーヒー豆に使うパッケージ、メッセージ、アートワークは、世界中のアーティストとの共同作業で制作しています。ニュージーランドやロンドン、ドバイなど世界中でコーヒー焙煎に携わった経験のあるウェイド氏と、ギャラリーや美術館でキュレーターを務めてきたガーシグニー氏。2 人はその経歴を活かして、これまでにないコーヒー文化を作り出しています。

「新しいコーヒーの販売を始めるたびに、展覧会に作品を出品するような気分になります。コーヒー農家の成果を皆さんに紹介したい、できるだけ多くの情報を提供したい、という気持ちが私たちにはあるからです。」(ガーシグニー氏)

焙煎所の一室で仕事をする 2 人の男性と 1 人の女性
新しいコーヒーを売り出す準備には Dropbox を活用。「コーヒーの袋を開封し、試飲結果のメモを Dropbox にアップロードします。すると、別の国にいるデザイナーがデザイン ファイルを作り、それをまた Dropbox にアップロードします。私たちはそのファイルをダウンロードして印刷するのです」とウェイド氏は手順を説明します。大容量ファイルの送付デザインへのフィードバック共有フォルダでの簡単な編集といった共同作業がスムーズに進むので、焙煎というデリケートな作業により多くの時間と労力を費やすことができるといいます。「どちらの作業も、同じ工程を反復し、やり直し、仕上げるという繰り返しの作業が多くなります」とガーシグニー氏。このように大切な作業に集中する時間を確保することで、ウェイド氏は、鮮度と品質の高いコーヒー豆を少量だけ買い付け、世界各地にいる顧客を満足させることができているのです。
コーヒーを試飲する 2 人の男性とノート パソコンで作業をする 1 人の女性

Hundred House Coffee の情熱と完璧主義の姿勢が向かう先は、焙煎の作業だけではありません。コーヒーの売上は、地域の学校向けプログラム「Art + Industry」を通じて、地元地域にも還元されています。ウェイド氏とガーシグニー氏は、生徒たちと協力してコーヒーに関する広告企画やデザインを制作しており、今後はさらに、教師たちがアクセス可能な Dropbox を使ってオープンソースのカリキュラムを作成する計画を立てています。もちろん、仲間のアーティストや地元のコーヒー好きのことも忘れてはいません。次のプロジェクトでは、ビクトリア女王時代の牛舎を新たな焙煎所兼、ワークショップやイベントのためのクリエイティブ スペースに作り替えることを予定しています。「私たちは、都市部のアーティストを農村部に連れて来たい、そのための架け橋になりたい、と考えているのです。」(ガーシグニー氏)

動画およびストーリー提供:Citizen Research

木の板に描かれた Hundred House Coffee のロゴ

場所に縛られない働き方を Dropbox で

Dropbox の詳細はこちら