Skip to content (Press Enter)

自分のポッドキャストを作成するには?

Dropbox と Cosmic Standard から作成のコツを学ぶ

執筆:Dropbox エグゼクティブ エディトリアル ディレクター ティファニー・ジョーンズ・ブラウン

足を上げて椅子に座り、ヘッドセットを着けてノート パソコンで仕事をする女性のイラスト

世界中がリモート環境に移行した時に Dropbox は、学ばなくてはならないことが多数あることにすぐに気づきました。バーチャル ファーストの働き方を成功させる方法を見つけるために繰り返し実験を重ね、つながりの維持や日常業務の再構築など、頭を悩ませていたテーマについて学ぶために科学者、学者、ジャーナリスト、さらにはコメディアンにいたるまで、さまざまなエキスパートに意見を求めました。

こうして、Remotely Curious ポッドキャストが誕生しました。

エキスパートから学ぶ

幸運にも Remotely Curious では、CBS、NPR、ディズニーなどさまざまなクライアント向けにポッドキャストを制作した実績を持ち、受賞歴もあるチーム、Cosmic Standard のイライザ・スミス氏とジェイコブ・ウィニック氏と一緒に働くことができました。

個室を音の楽園に変える方法からラジオ向けの台本の書き方まで、ポッドキャストの制作について、あらゆることを彼らから学びました。

自分もポッドキャストを作ってみたいというリクエストが多数あったので、Adobe MAX のバーチャル セッションで、ウィニック氏とスミス氏にこのトピックについて教えてもらいました。

今回は基本的な情報を紹介しますが、詳細についてはセッションの録画をご覧ください。

レッスン 1:簡単ではないが、さほど難しくもない

私のように、ポッドキャストの作成は簡単で、雄弁なゲストを見つけてマイクに向かえばいいだけだと思い込んでいる人もいるかもしれませんが、実はもう少し複雑です。

Remotely Curious は、6 人のプロデューサーに加え、さらに多くの優れた企画者の協力があったからこそ実現できました。ゲストへの出演依頼、インタビューの準備、ストーリーへのオーディオカットの取り込み、サウンドの調整など、各プロセスで複数の関係者と複数回のフィードバックが必要でした。そして 9 か月間のクリティカル シンキングとプランニングを経て、ようやく 1 つのエピソードを配信できました。

こう聞くと大変そうだと思うかもしれませんが、誰でも利用できる標準的なポッドキャスト作成方法があるのでご安心ください。

レッスン 2:4 つのステップで最高のオーディオを実現

録音場所が寝室の個室であろうと、本物のスタジオであろうと、ポッドキャストをうまく制作できるかは、いくつかの基本ステップにかかっています。

  1. クリエイティブ制作:この段階で、番組の内容といった重要な問題を掘り下げます。ホストは誰にするか?情報配信ひと筋にするのか、形式ばらない会話にするのか、あるいは対面インタビューにするのか?エピソードのリリース頻度は?誰がマーケティング プランを立てるのか?こういった話し合いでは、クリティカル シンキングと議論がかなり必要になるので、それなりの時間を確保しておきます。
  2. プリプロダクション:ここではプロダクション日程の決定、ゲストの選択とスケジュール設定、インタビューの質問の準備を行います。このステップでは、かなりの調整とコミュニケーションが必要になるので、プランニングと執筆のスキルに優れたチームメンバーに協力してもらいましょう。
  3. プロダクション:ライター、ホスト、プロデューサーにとっては、プロセスの本質的な部分になります。ここでインタビューの録音、台本の執筆、エピソードの組み立て、フィードバックの収集、再編集、納得のいかない部分の再録や、さらなる編集を行います。この段階では、Dropbox や Adobe といったツールに関する技術的な知識が必要になるので、利用しているツールがなんであれ、慣れておきましょう。あるいは私たちのようにエキスパートに頼るのも手です。
  4. ポストプロダクション:スコアリング、ミキシング、マスタリングなどを行う最も技術的なステップです。こうした手順を踏むことで、ポッドキャストが聞き心地の良いプロフェッショナルな音に仕上がります。他のステップ同様、ここでも多くの繰り返し作業が必要になるので、クリエイティブに対するフィードバックのスキルを磨き直しておきましょう。

さらに詳細をチェック

ポッドキャスト作成に挑戦してみたい人は、素晴らしいヒントを直接プロから聞けるウィニック氏とスミス氏とのインタビュー全編をぜひご覧ください。

新しいポッドキャスト プロジェクトが成功しますように!

ティファニー・ジョーンズ・ブラウンがエキスパートと一緒にバーチャル ファーストの働き方を詳しく取り上げます。

Remotely Curious ポッドキャストを聞く