iPhone をスキャナーとして活用するには

Dropbox を使って、iPhone を写真や書類のスキャナーとして活用する方法をご紹介します。

iPhone で設計図をスキャンする女性

スキャンの目的

テクノロジーの進化に伴い、急速に過去のものとなりつつある従来のスキャナー。この傾向は、コピー機やスキャナーが設置されたオフィスで働く人が激減している今日、さらに加速しています。

最近では、本格的なスキャナーを自宅に置きたいと考える人は非常に少なくなっています。ただしそれは、書類や写真を電子化するときに有料のサービスを利用する人が増えたという意味ではありません。スマートフォンを手のひらサイズの高機能スキャナーとして利用し、誰でも手軽に書類をスキャンできるようになったのです。

仕事の書類以外にも、電子化することで便利になるものはたくさんあります。スキャナーは、デジタル化を進めるのに最適なツールの 1 つです。

契約書

印刷して署名するだけの簡単な作業かもしれませんが、投票用紙や労働契約書など一部の書類では、オンラインでの送付が認められている場合でも、依然として手書きの署名が必要になることがあります。このように重要な書類を再び電子化する場合、スマートフォンは手っ取り早い手段になります。

会計書類

請求書や送り状などの重要な書類は、オンラインで保存しておいたほうが好都合です。デバイスを問わずにアクセスできる上、常にバックアップして物理的な紛失や損傷から書類を守ることができます。領収書をスキャンして電子化しておくと、会計を追跡、管理しやすくなり、経費の申請も簡単になります。ほとんどの企業は経費を電子的に処理しているので、個人の側も必要に応じて領収書をスキャンできる手軽な手段があると何かと便利です。

手書きのメモ

学生の方は、ノートは手書きのほうがいいと思うかもしれませんが、手書きしたノートを後でパソコンに保存できるとより便利です。最近では AI 技術がめざましいスピードで進化しており、手書きのノートをスキャンしてクラウド サービスにアップロードすれば、いとも簡単にテキスト ファイルに変換できるので、手書きとデジタルのいいとこ取りをすることができます。また板書された文章や図をスキャンすれば、授業中にリアルタイムで逐一書き写す手間がなくなります。

個人の思い出の品やアートワーク

スキャンは、個人的な写真やメッセージ カード、手紙などの思い出の品を電子化するのにも便利です。これらを電子化すると、大切な思い出を万が一の事態から守れるようになります。不幸にもオリジナルを失ってしまっても、電子化された思い出は残ります。その上クラウド ストレージを利用すれば、お気に入りの写真をどこにでも持ち歩くことができます。

創作活動を行っているのなら、作品をスキャンすると他の人との共有が簡単になり、デジタル編集で作品の魅力をさらに高めることもできます。

カメラ アプリとスキャナー アプリのどちらを使うべきか

書類や写真をスキャンするのに、なぜカメラで撮影するだけではダメなのかと不思議に思うかもしれません。もちろんそれでもよいのですが、通常のカメラ アプリでは、スキャン用のアプリを使ったときのような正確さには到底及びません。

iPhone 標準のカメラ アプリで撮影し、それがスキャンに見えるように編集することもできますが、この方法では単純に手間がかかる上、スキャナー アプリの場合と同じような仕上がりになるとも限りません。照明、フォーカス、フレーミング、アスペクト、品質、サイズ、ファイル形式など、標準のカメラ アプリがスキャナー アプリに劣る要因はいろいろとあります。

当然、スキャナー アプリでも iPhone のカメラ機能を使う点は同じなのですが、その背後で用いられているテクノロジーの信頼性がまったく違うのです。

スキャナー アプリは、スキャン対象の書類を自動的に検知し、認識した輪郭に沿ってトリミングを行い、遠近感、色調、コントラストを調整します。

スキャナー アプリでは従来のスキャナーでスキャンしたようなファイルを簡単に再現できるので、手動で少し編集を加えたいと思った場合も、iPhone 標準の写真編集ツールを使う場合に比べて、必要な作業はほんのわずかで済みます。

スキャナー アプリなら、ファイルの保存形式も多彩です。iPhone で撮影した写真は JPEG 形式で保存されますが、スキャナー アプリの場合はファイル形式を選択でき、スキャンした複数の写真を 1 つの PDF にまとめるといったことも可能です。この機能は、大量の書類をスキャンするような場合に特に便利です。

またカメラ アプリの代わりにスキャナー アプリを使うと、多くの時間を節約できます。画像を 1 つずつ慎重に編集する必要がないので、たくさんのコンテンツをスピーディーにスキャンできます。またスキャナー アプリは従来のスキャナーよりも効率的です。必要なとき、デスクに居ながらスキャンして、必要な場所にすぐに保存できます。

光学文字認識(OCR)とは

光学文字認識(OCR)は、スキャンしたファイルに含まれるテキストを認識し、そのテキストを文字データに変換して、機械による読み取り、処理、検索を可能にする比較的新しい技術です。

iPhone でスキャナー アプリを使うと、カメラ アプリを使用した場合に比べて、スキャンしたファイルの OCR の精度が格段に高くなります。

Dropbox の PlusFamilyProfessionalBusiness の各プランでは OCR 機能を使うことができ、Dropbox アカウントに保存したスキャン済み PDF ファイルの内容を検索できます。このため、スキャンしたドキュメントでも、必要なときにすばやく簡単に目的の情報を見つけ出すことができます。

iPhone で Dropbox モバイル アプリを使ってスキャンするには

iOS 用アプリの Dropbox Scan を使う以外にも、Dropbox モバイル アプリで直接書類や写真をスキャンすることもできます。また Dropbox 上の既存のファイルをスキャン ファイルに変換することも可能です。

Dropbox モバイル アプリでスキャンする手順については、こちらをご覧ください。

Dropbox では、.jpg、.jpeg、.png 形式のファイルをスキャン ファイルに変換できます。

Dropbox モバイル アプリでスキャンしたファイルは Dropbox に保存され、ボタンをクリックするだけで簡単に共有できます。

iPhone を使って、できるだけきれいに書類や写真をスキャンするには

書類や写真をできるだけきれいにスキャンするには、いくつかのコツがあります。まず、スキャン対象をできるだけ平らでしわのない状態に伸ばしましょう。その上で、スキャン対象全体を画面に収め、輪郭が正しく検出されるようにします。

照明も重要です。スキャン対象がギラついていない状態、または影が落ちていない状態にします。照明は無色で自然なものにし、できればフラッシュは使用しないでください。スキャン対象の真上に iPhone を構え、被写体を画面の中央に収めて、余計なものが写らないようにします。

iPhone が揺れないようにしっかりと構え、全体にフォーカスがあたり、どこもぼやけないようにしましょう。このようにしてからシャッターを切ると、きれいなスキャン画像を撮影できます。

iPhone でファイルをスキャンしてデジタル化

詳しくはこちら