セキュリティ セッション - 仕事環境が大きく変化する中、データをクラウドで安全に管理するには

現代ビジネスにおいて、必要不可欠な存在になっているクラウド。それに伴い、説得力を失いつつある「セキュリティ上の理由からクラウドに反対」論。Channel4 と 1000heads の IT エキスパートが、これらをテーマに議論を繰り広げました。

コロナ禍にうまく対応できた企業とできなかった企業。その違いはどこにあったのでしょうか?

Channel4 の CISO であるブライアン・ブラッケンボロー氏と 1000heads で IT およびデジタル トランスフォーメーション担当ディレクターを務めるニック・スミス氏がこのテーマについて話し合いました。

コロナ禍では、企業を存続させ、ビジネスを成功に導くために、クラウドが極めて重要な役割を果たしています。中でも、クラウドを最大限に活用できているのは、いち早くクラウドを取り入れていた企業です。「セキュリティ上の理由からクラウドに反対」論はかつてないほど説得力を失っていますが、それでも一部の CISO や IT チームは、クラウドの導入に抵抗し続けています。それはいったいなぜでしょうか。

このパネル セッションでは、上記の疑問に答えるために、主に 3 つのテーマについて議論しています。

  • 現在のクラウドは、機密性の高いデータを保存して問題ないほど安全なのか?
  • 今振り返れば、もっと早くにクラウドを信頼して活用し始めるべきだったのか?
  • 今後、再び事業中断の危機が到来したときに備えて、私たちに何ができるのか?
プロジェクトで共同作業しながらノート パソコンに目を向ける 2 人の人物
セキュリティと Dropbox について議論するために集まった人々

Dropbox で共同作業をスムーズに

Dropbox で始めましょう