スマート ワークプレイスでビジネスの即応性向上を実現したデジタル不動産投資会社

Exporo は、不動産投資のデジタル化で、個人による不動産プロジェクトの株式取得を可能にしたドイツの大手不動産投資会社です。他の企業がテレワークへの移行に適応しようと苦戦する中、Exporo は HelloSign や Paper などの Dropbox ツールを活用し、かつてないほど効率的な業務プロセスを実現しています。

2022 January 04
パソコンの画面を見ながら笑っている 2 人の社員

Exporo が提供しているのは、個人投資家が任意の額で不動産プロジェクトに投資できる、無料で使いやすいオンライン マーケットプレイスです。かつての不動産会社では、自社専用のプラットフォームを保有することができず、銀行からの融資や大口投資家に頼らなければ、プロジェクトを軌道に乗せることができませんでした。現在、Exporo は世界中で 200 人以上の社員を抱えるまでに成長しています。

Exporo は短期間での事業拡大を視野に入れ、会社の規模に合わせて拡張可能な即応性の高いデジタル ワークフローを取り入れたデジタル ビジネス モデルを構築しました。同社では、「迅速で柔軟な対応を目指す企業は、それに応じてプロセスを計画する必要がある」という信念を持っています。そのため、フレキシブルな働き方、非同期の時間、チーム メンバーへの信頼を会社の基本的価値観とし、働く場所や仕事の進め方よりもチーム ワークを重視しています。Exporo は、Dropbox が提供するクラウドベースのコラボレーション ツールで関係者全員の連携を図り、会社の成功を促進しています。

屋上のパティオに集まって楽しそうに仕事をしている人たち

1 つのプラットフォームで社内外の関係者全員と連携

Exporo では、チーム メンバーやサードパーティのパートナーが世界中に分散しているため、離れた場所にいても連絡を取りながら作業を進める方法を必要としていました。Dropbox を利用すると、社内のチーム メンバーや外部のパートナーとのシームレスなコラボレーションが可能になります。たとえば共有フォルダには、社員が日常業務で使うドキュメントをまとめる場所を設けることができます。また、Paper を利用すると、簡単なメモ書きから詳細なプロジェクト計画の作成まで、さまざまなタスクを直感的に実施できます。さらに、リアルタイムでも非同期でも、チーム メンバー全員で情報を共有できるインタラクティブなドキュメントでの共同作業が可能です。

Dropbox は、当社で扱うすべてのドキュメントを保管する唯一の場所です。マーケティング資料から請求書、全社員の個別データのバックアップまで、すべてを Dropbox で一元管理しています。

Exporo IT セキュリティ責任者 ソレン・クルーガー氏

一般的な課題と特殊な課題の両方を解決するスマート ワークプレイス

Dropbox を使い始めてすぐ、Exporo のチームは典型的なビジネスの課題に悩まされずに済むようになりました。たとえば、新しいハードウェアへの切り替えなどのよくある作業が必要以上に複雑になり、データが失われることがあります。Dropbox では、あらゆるファイルをいつでも閲覧、追跡できるため、Exporo はすべてを一元的に管理できます。「Exporo では、バージョン履歴などの行き届いた機能のおかげで、すでに数多くの『データの命』が救われています」と話すのは、同社 CEO のサイモン・ブランケ氏です。

また、不動産業界では法的拘束力のある署名を必要とするドキュメントが多く、紙媒体の場合は署名を集めるのに時間がかかり、その間手続きが進まないこともあります。Exporo では、HelloSign を使って、デジタル ドキュメントを簡単に共有できるようにしています。地球の反対側にいる人から署名をもらうのも、数回クリックするだけで済みます。コロナ禍では特に、HelloSign が重要な役割を果たしています。紙の契約書が入った書類ケースをデスクの上に山積みしなくても、署名に関するすべての作業をリモートで完了できます。

最適なワークスペースは、同僚との共同作業をシンプルで緊密にしてくれますが、市場に出回っている多くのソリューションは、かえって事態を複雑にしているように思えます。

Exporo CEO サイモン・ブランケ氏
多くの企業にとって、突然の在宅勤務への移行は大きな課題となりました。一方、Exporo のケースは対照的です。同社では分散型のワークモデルが必要になった時点で、すでにプロセスが確立していたため、スムーズに対応できたのです。Dropbox があれば、いつどこで仕事をしても、すべてを 1 か所に保管してアクセスできるので、今後も社員は簡単に在宅勤務を続けることができます。

Dropbox で共同作業をスムーズに

Dropbox Business で始めましょう